【スタッフメッセージ】 その16:布施忠明の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

今回は、家と暮らしの相談所・中杉通り本館の布施からのメッセージをお届けします!

プロフィール

布施 忠明(ふせ・ただあき)

家と暮らしの相談所 中杉通り本館 リフォーム営業1課 担当課長

山や海が好きなアウトドア派の布施さん。仕事では「責任感をもってやりぬく」がモットーだとか。「自分のことだと“まあ、いいか”となりがちですが、仕事では諦めたくない。ちょっと無理かな、というようなご要望でも、何とかして叶える方法を見つけるよう頑張っています!」(本人談)

 

こんにちは、布施忠明です。

平成2年に細田工務店に入社したので、もう30年以上になったんですね。

最初は工事部で、戸建分譲住宅の施工管理を担当。一人で20~30棟も担当していた時代で、相当鍛えられました(笑)。

それから本社スタッフなどを経験した後、今のリフォーム営業を担当するようになって7年

家と暮らしの相談所」の初期の頃から、細田工務店のリフォームに関わってきました。

ありがたいことに、杉並という地に密着してたくさんのお客さまにご利用いただき、ご紹介などもずいぶんといただいています。それだけに、信頼に応えてしっかりとした仕事をする、緊張感をもって取り組むという思いは常に持ちながら日々仕事にあたっています。

その結果、同じお客さまからまたお声をかけていただくこともあり、私にとってはそれが大きな喜びになっています。

 

杉並エリアは街の発展も早かったので、今では古い家もたくさんあります。狭小地に建っていて建て替えが難しい家も多く、様々なご相談をいただきます。

最近ですと、やはり耐震工事のご相談が多いでしょうか。

杉並は区の助成金も充実していますし、細田工務店としても得意としている分野。安心な暮らしのために、まだまだたくさんの方のお役に立ちたいと思っています。

もちろん、その他にも様々なご相談をいただきますし、小さなことでも気軽にお声をかけていただきたい。今までの知恵と経験を活かして、お住まいを快適に変えるお手伝いができればと願っています。

 

 

【スタッフメッセージ】 その15:石井大将の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

今回は、注文営業部の石井からのメッセージをお届けします!

プロフィール

石井 大将(いしい・ひろまさ)

注文営業部 課長

3人の女の子のお父さん。休日はもっぱらお子さんたちのお相手をして過ごし、大好きなキャンプなどにも出かけるそう。

「その趣味が買われたのか(笑)、このたび新しい商品を担当することになりました。頑張ります!」(本人談)

 

こんにちは、石井大将です。

もともと大学が建築系で、住宅関係の仕事がしたいと思っていました。

細田工務店で注文住宅の営業に携わって、もうすぐ15年。お客さまの要望を伺いながら、理想の住まいをつくり上げていくこの仕事はとてもおもしろく、やりたかった仕事ができているかな、と思いながら日々頑張っています。

私たちの仕事は、お客さまが思い描く住まいをカタチにすること。まずは、お客さまの思いを徹底して“聞く”ことから始まります。でもその要望を、必ずしもそのままカタチにするだけではない。建物の性能安全、そしてコストなども考え、ご要望を汲んだ最適なプランを考えていく。プロとしてそんな提案をしていくことが私たちの使命です。

そうして、結果としてお客さまの描いたプラン以上のものをご提供できるように。常にそう考えてお客さまと接しています。

そんな私にこの春、新たなチャレンジの機会が訪れました。

細田工務店が取り組むことになった規格住宅BinO & FREEQ」の販売責任者に指名されたのです。

5月から販売を開始したこの「BinO & FREEQ」は、趣味やライフスタイルに強いこだわりを持つ方のための住宅。200近い個性豊かなプランが、さまざまな憧れの暮らしを叶えてくれます。

BinO & FREEQの情報はこちら
https://binofreeqtokyobase.jp/

6月には、横浜の住宅展示場にモデルハウスの建築をスタート。10月の完成に向けて、現在着々と工事が進んでいます。

これからますます忙しくなりそうですが、私自身にとっては新しい事業に取り組める貴重な機会ですし、とても魅力的な住宅だと思っているので楽しみ。

たくさんの方にこの商品を知っていただき、幸せな暮らしづくりをお手伝いできるよう頑張っていきたいと思います!

 

 

【スタッフメッセージ】 その14:師玉洋輔の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

今回は、設計部の師玉からのメッセージをお届けします!

プロフィール

師玉 洋輔(しだま・ようすけ)

設計部 設計課 主任

建築めぐりが好きで、休日には気になるカフェやホテルなどに出かけていくという師玉さん。

先日も、著名な建築家のデザインを見るためにホテルのラウンジへ食事にいかれたそうです。

 

こんにちは、師玉洋輔です。

大学は教育学部だったのですが、その頃からインテリアに興味を持っていました。大学時代に住んでいた古い学生寮を、よくDIYでいじったりしてました。それで、卒業時に方向転換。専門学校で学んで、設計の世界に足を踏み入れました。

専門学校で勉強し始めてから、建築に面白さを感じるようになって、インテリアだけでなく間取りを含めた構造にも関わることのできる住宅の設計がやりたいと思うようになりました。仕事をしてみると、住宅の設計というのはとても奥が深くて、知れば知るほど新しい疑問がどんどん出てくる。本当に面白い世界だと感じています。

 

住宅の性能や品質を確保するために細田工務店では多くの社内基準を設けています。デザイン的な挑戦をすることはハードルが高いのですが、その分住まい手にとって安心できる家づくりをしていることは自信をもって言えます

もちろんそうした中でも魅力的なデザインを意識して仕事をしていますし、会社も力を注いでいます。

現在担当している物件も、社内で綿密に打ち合わせをしながらしっかりとデザイン性を追求しています。

これからもどんどん、魅力的な物件が生まれてくると思うので、ぜひ期待してほしいですね。

だからぜひ、細田工務店の住まいを見にモデルハウスに足を運んでくださいね。

そして、私が設計した家で快適な暮らしを叶えてくれたら、こんなに幸せなことはありません。

 

 

【スタッフメッセージ】 その11:益田凌太郎の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

 

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

今回は、工事部の益田からのメッセージをお届けします!

プロフィール

益田 凌太郎(ますだ・りょうたろう)

工事部 工事一課 東京統括事務所

ベテラン揃いの工事部の中で、若いながらも職人さんたちからの信頼も厚い益田さん。「工事部の中で、自分が一番大きな声で挨拶していますよ!」と若さをアピール。けっこう負けん気も強いようです。

もうすぐ第一子が誕生する予定で、パパになる日を楽しみに待つ毎日。仕事もプライベートも充実している29歳です!

みなさんこんにちは、工事部の益田です。

 

もともと内装仕上げの仕事をしていましたが、縁あって細田工務店に入社したのが2018年の4月。

以来、住宅を建てる一つ一つの工程の奥深さ面白さを感じながら仕事をしてきて、あっという間に2年が過ぎました。

 

お客さまが長く暮らす、大切な住まいを建てさせていただいているので気の抜けない毎日。何かを見落としたり、不安をもったまま工事が進んでいくようなことが絶対にないように、仕様書を肌身離さず自信をもってお引き渡しできる住まいづくりに取り組んでいます。

 

仕事をする上で心がけていることの一つは、現場を常にキレイな状態にしておくこと。キレイな現場だと施工も丁寧になりますし、もし不具合などがあっても気がつきやすい。その点は特に気にかけていることですね。

 

あとは挨拶現場の安全は声掛けから、と思いますし、コミュニケーションがしっかりしていてこそ仕事もスムーズに進む。

若い自分が積極的に挨拶するように心がけています。

私は普段は施工中の現場にいますが、最近は内覧会の立会いなどでお客さまと直に接する機会も増えてきました。そんな時に思うのは、改めて大切なお住まいを手がけさせていただいている責任の重さと、お客さま自身が家づくりについて、とても勉強されているということ。鋭い質問などもどんどん出てきますね。

 

現場を預かってきた者として、自信をもってお答えできるようにしっかりと監理し、ご説明の準備も万全にしてお待ちしていますので、安心・納得いただけるまで何でも聞いてください!

そして、幸せな新しい生活を、細田工務店の建てた住まいでスタートさせてください。

たくさんのお客さまとお会いできるのを、楽しみにしています♪

 

 

注文住宅事例ご紹介 [収納たっぷり!5人家族でもスッキリの都市型3階建ての家]★

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、私たちが手掛けた注文住宅の中から、ケース・スタディをひとつご紹介したいと思います。

それがこちら♪

 

 

ご夫婦と3人のお子様の5人家族。お子さまの成長を機に住み替えを検討されたT様邸です。

外観は、アイボリーを基調にバルコニーの木目調のブラウンが落ち着いた雰囲気を演出。

白をベースにシンプルにまとまった2階のリビングダイニングは、すっきりと整った状態がキープされています。

その理由のひとつは、ガレージ上のデッドスペースに設けた床下収納3.7帖ほどのスペースには、お子さまたちの漫画やおもちゃ、シーズンオフの家電などを収納しています。

 

 

想像以上に収納力があり助かっています。また、秘密基地のような雰囲気があるせいか、主人を筆頭に我が家の男子たちはこのスペースがお気に入り。部屋にいないと思うと、ここで遊んだり漫画を読んだりしていますね(笑)」と奥さま。

この他にもT様邸では、随所に収納の工夫を凝らしています。

・リビングダイニングでは、雑然とした印象になりがちな細々としたものは収納棚に納め、すっきりとした空間をキープ。

・1階の主寝室兼書斎の奥には、約3帖のウォークインクローゼットがあり、洋服以外にもスーツケースなどの大きい物も収納できます。

・3階の子供部屋の中心に、ウォークインクローゼットを設計。三兄弟の洋服や荷物はすべてここに収めて、それぞれで管理させていますとご主人。

 

様々な収納プランを組み込み、5人家族がゆとりを持って生活できる空間を確保。

淡いグリーンをアクセントカラーに明るく清潔感がある居住空間を実現され、心地よく暮らしていらっしゃるようです。

 

下記では、細田工務店の様々な施工事例をご覧いただけます♪

https://www.hosoda.co.jp/build/gallery

 

 

【スタッフメッセージ】 その8:渡辺勝の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

 

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

みなさんにもぜひその想いを知って欲しい!

ということで、スタッフからのメッセージをご紹介しているこのコーナー。

今回は、注文住宅の営業渡辺の登場です!

 

プロフィール

渡辺勝(わたなべ・まさる)

1996年入社  注文営業部 担当課長

休みの日はもっぱら自宅の庭いじり、というゆったりしたキャラクターのベテラン営業マン。

「ほんわかしていて何でも受け入れる性格ですが、ものづくりとなればけっこうこだわりを発揮するタイプです(笑)」(本人談)

 

 

こんにちは、渡辺勝です。

ものづくりにかかわるような仕事がしたくて、お客さまと一緒につくり上げていく住宅の仕事が面白そうだと感じて細田工務店に入社。今から24年も前のことになります。

 

それからたくさんのお客さまの家づくりのお手伝いをさせていただきましたが、お客さまのご要望を伺いながら図面に落とし込んでいって、だんだんと夢がカタチになっていくプロセスを一緒に歩んでいけるのは本当に楽しいと思っています。

新しいお客さまと出会うたびに、今度はどんな夢を伺えるのかと、ワクワクしながらお話させていただいています。

 

そんな家づくりのワクワク感を是非感じていただき、そして一緒に体感してゆきたい。

その思いが、いつも私の中にあります。

 

家を建てるというのはお客さまにとって、おそらく一生に一度の経験でしょう。

その機会を、できるだけ気持ちよく過ごして欲しい。夢の家づくりを、ワクワクしながら進めて欲しい。そのために私たちが、不安やわからないことをしっかり解決して、お客さまには楽しく夢に向かっていただけるようにと心がけています。

 

 

細田工務店は、おっとりしたなごやかな会社です。でもものづくりに関しては、とてもこだわりが強い。自分の性格とも似ているところがあるのかなと思います。

技術的なこだわり、ものづくりへの真剣さ、設計提案の細やかさ・・・。

そういった点は、長年この会社で仕事をしてきて自信を持って「細田工務店の良さ」と言えるポイントですね。

 

お客さまからは様々なリクエストをいただきます。正直「難しいな・・・」と思うこともありますが、とにかく受け止めて何とかしようと努力します。私だけでなく、設計担当も含めてみんなで「何とかカタチに!と全力で取り組みます

だから、何でも気軽に相談してみて欲しい。それが、私からみなさんへの一番のメッセージです。

 

 

 

【スタッフメッセージ】 その7:京田兼洋の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

みなさんにもぜひその想いを知って欲しい!

ということで、スタッフからのメッセージをご紹介しているこのコーナー。

今回は、分譲事業部の営業京田の登場です!

 

プロフィール

京田兼洋(きょうだ・かずひろ)

2005年入社  分譲事業部 販売1課 課長代理

趣味は8年前からはじめたクロスバイク。なまっている身体に喝を入れようと、休日には「今日はあそこまで行くぞ!」と決めて汗を流すのだとか。「あまり感じていなかったのですが、客観的に見るとどうやら真面目な性格のようで(笑)細田工務店が肌に合ってるみたいです」(本人談)

 

 

こんにちは、京田兼洋です。

何か人と触れ合う仕事がしたくて細田工務店に入社。それから、分譲住宅の営業として約15年。日々お客さまとお話していると楽しくて、あっという間に今日まできました。

 

改めて、楽しくお客さまと接してこられたのはどうしてだろうと考えてみると、やっぱり自分の会社の商品に共感できていることが大きいかなと思います。地元に密着して、自社一貫体制で、購入いただいた後もずっとお付き合いしていく。だから目に見えないところもしっかりつくる。胸を張って良いものをお届けしていると言えるから、お客さまの幸せな将来を信じて、楽しく接客できているのかなと思います。

もちろん、大変なこともありますよ(笑)

例えばいま担当している「ONE on ONE鷺ノ宮」は、社内でプロジェクトを組んで、新しい価値を持った分譲住宅をつくろうと取り組んできた物件。これまでとは違う、新しいものをつくる産みの苦しみは大きかったですね。

でも徹底して議論して、みんなで積み上げながら開発してきただけに魅力的な商品になったと思います。宣伝になってしまいますが、是非たくさんの方に見ていただきたいですね。

ONE on ONE鷺ノ宮」の詳細はこちらから

→ https://www.hosoda.co.jp/growing/lineup/saginomiya/

 

 

これから住宅を購入しようとされる方には、住宅を購入しようと思うきっかけになったことをずっと大切に持っていて欲しいなと思います。あれこれ見ていくと気持ちが揺れてしまったり、人気とか見た目に惹かれしまうこともあります。

でもこれまでの経験から、住宅を購入しようと決めた最初の動機が最後の決め手になる方が多いと感じています。細田工務店にいらっしゃったら、是非その「最初のきっかけ」をお話しください。私たちもその思いを大切に、叶うように、全力でお手伝いさせていただきます。

 

 

 

【スタッフメッセージ】 その5:福田真弓の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

みなさんにもぜひその想いを知って欲しい!

ということで、スタッフからのメッセージをご紹介しているこのコーナー。

今回は、注文住宅の営業を担当する福田の登場です!

 

プロフィール

福田真弓(ふくだ・まゆみ)

2008年入社  注文営業部 係長

宅地建物取引士 インテリアコーディネーター
じっとしていることが苦手で、休日ともなればライブに旅行にと積極的に出かけていくフットワークの良さが持ち味。「わが道を行くタイプで、毎日をポジティブに過ごしています!」(本人談)

こんにちは、福田真弓です。

子どもの頃から住宅のチラシを見るのが好きで、よく間取図を見て「自分だったら・・・」みたいなことを考えていました。大学も建築インテリア学科で、必然のように住宅の世界への就職を考えていましたね。細田工務店を選んだのは、どこよりも人に対する温かさを感じたから。今でも変わらず、その印象のままの会社ですね。

注文住宅の仕事というのは、カタチの見えないものをお客さまとコミュニケーションしながらつくり上げていくもの。お客さまの想いやイメージしていることを、どう共有するかがポイントです。ですから、お客さまとの会話が何よりも大切。どんな希望をもっていらっしゃるか、どんな困りごと、解決したいことを持っていらっしゃるか。どんな趣味をお持ちで、どんな暮らしをしたくて・・・。たくさん会話させていただく中で、イメージが少しずつカタチになっていきます。

そんな「お客さまと話す時間が好きだから、私はこの仕事をしています。そして、そのお客さまが住まいの完成を喜んでいただくのが、私にとっても喜び。

お客さまから「福田さんに担当してもらって良かった」とおっしゃっていただいた時には、本当にこの仕事をしていて良かったなと思います。

細田工務店はとても温かい会社で、お客さまに対する想いも熱い会社です。

携わるスタッフがみんな真剣にお客さまの事を考え、まじめに丁寧に、住まいづくりに取り組みます。

お客さまからは「地味な会社」に見えるかもしれません。でも、地元に密着して信頼を蓄積してきた会社で、技術も確かです。

選んでいただいたら間違いなくいい家をつくりますので、住まいづくりを検討される際はぜひご相談にきてくださいね!お待ちしています

 

 

【スタッフメッセージ】 その1:八巻大祐の巻★

こんにちは、細田工務店です☆

「お客さまが幸せに暮らせる住まい」のことを、いつも真剣に考えている細田工務店のスタッフたち。

みなさんにもぜひその想いを知って欲しい!

ということで、時々スタッフからのメッセージをご紹介していきたいと思います。

その一人目は、注文住宅の営業・八巻の登場です!

 

プロフィール

八巻大祐(やまき・だいすけ)

1991年入社  注文営業部 課長

旅行(特に温泉好き!)、映画、NBA(バスケットボール)、ダイビングなどけっこう多趣味

「設計事務所をやっていた親から、“設計の仕事をするなら何にでも興味を持て”と言われたことも影響しているのかも知れません」(本人談)

こんにちは、八巻大祐です。

入社してから20年近くずっと設計部で外構やランドスケープの設計業務を担当していました。

注文住宅の営業を担当するようになったのは10年ほど前から。異動と言われた時はビックリしましたが、今ではこの仕事をすっかり楽しんでいます。

考えてみれば、設計をやってきたことが注文住宅の営業で活かせているのでしょう。お客様の様々な要望にどうお応えしていくか、自分なりに浮かんでくる提案をしながら接客することが、私自身も楽しいですし、お客さまのお役にも立てていると感じています。

私がお客様と接する際に、モットーとしていることは2つあります。

1つは、お客様に曖昧なことは言わない、できること、できないこと、白黒ハッキリとお答えする

2つ目は、他社の悪口は言わない

悪口というのはそもそも気持ちのいいものじゃないですし、自分たちの自信のなさの裏返しのようで嫌なんですよね。私は、細田工務店の商品、サービスに自信があるので、そのことこそしっかりお伝えしたい!と思っています。

それと、お客さまにいつもお話しているのは、「たくさんの家を見た方がいいですよ」ということ。他社のモデルハウスなどもどんどん見に行ってくださいと言っています。そうすることで必要な条件や要望も整理でき、どんな住まいにしたいのかもイメージできるようになる。後で「もっとこうすればよかった」「こんな家にしたかった」と後悔することのないように、ぜひたくさんの家を見てください。

 

そして、その膨らませたイメージをどんな住まいのカタチにしていくか。

一緒にお話する機会がいただけたら幸せです!