リビング学習がしやすい空間づくりとは?

こんにちは、細田工務店です☆

みなさんは「リビング学習」という言葉をご存じでしょうか?
東京大学に合格したというお子さんの多くがリビングで学習していたことから、注目を浴びるようになった言葉です。
今回はこのリビング学習についてちょっとお話させていただきます。


リビング学習にはさまざまなメリットがあると言われています。
一般的によく言われるものとしては、

親子のコミュニケーションが増える
家事をしながらでも、お子さんの様子を見つつ声をかけることができます。お子さんもわからないことや疑問に思ったことをすぐに質問することができ、自然と親子間のコミュニケーションが増えていきます。

お子さんの集中力が上がる
子どもは大人以上に敏感です。そのためか、静かな部屋に1人でいると怖いと感じるお子さんも多いそうです。とくに小さなお子さんは大人が近くにいるほうが、安心して目の前のことに集中できます。

学習習慣が身に付きやすい
食事や入浴など毎日必ず行う習慣と学習を結び付けることで、勉強も習慣化しやすくなります。お母さんが食事の支度をする時に宿題をする、とか、夕方は好きなことをして翌日の朝早くに勉強するなど、お子さんとご家族のペースに合った習慣を身に付けていくことができます。


しかし一方で、勉強する場所とくつろぐ場所が同じになることで、メリハリをつけにくくなるかもしれません。
生活動線などを考慮しないと、家事がやりづらく集中力も下がってしまいます。
家事の負担を増やすことなく、効果的にリビング学習を取り入れるには、空間づくりを意識することが大切です。

そこで細田工務店では、リビングサイドのフレキシブル空間『LATO』をご提案しています。

LATO』とはイタリア語で「」・「サイド」の意味で、
ご家族それぞれが思い思いにデザインできるリビングサイドのプラス1空間です。
リビングにいる家族の気配を感じながら、家具やロールカーテンなどでセパレートして、テレワーク家事コーナーに。
また小さいお子様の勉強や家遊びの場として、キッチンで家事をしながらでも安心して見渡せる空間としても使えます。
『LATO(側)』だから安心・便利に使い方が広がる空間をご提案。
リビングサイドのメリットと、家事のしやすさも備えた空間づくりに、ぜひ参考にしてください。

 

 

自宅で体を動かしたい!そんな時にもぴったりな空間「LATO」

こんにちは、細田工務店です☆

運動は心も体も健康になる手段のひとつです。
しかしこのご時世、新型コロナウイルスの影響で、どうしても外に出てアクティブに過ごすというのが難しく、運動不足になってしまう人も少なくありません。
運動不足になると、体も心もやる気が起きずに「なんとなくだるい…」という状況に陥りがちですよね。
ストレスが溜まっている」「些細なことでイライラする」という人は、
もしかしたら運動不足が原因かもしれません。

家の中でもできる簡単な運動といえば、ヨガストレッチなども挙げられます。
日常的に体を動かすことでストレスマネジメントにもなりますし、
心身ともに健康的な状態をキープすることができます。


さて、そうは言っても家の中。
伸び伸びと身体を動かせるスペースがない、ということも。
フレキシブルに使える空間があればいいのになあ。
そんなふうに思われる方もきっといらっしゃると思います。

細田工務店が提案するのは、リビングサイドのプラス1空間LATO」。
“LATO”とは、イタリア語で「側」・「サイド」の意味で、ご家族それぞれが思い思いにデザインできる
リビングサイドのフレキシブルな空間です。

 

リビングサイドの空間なら、ちょっとした隙間時間に身体を動かす、ということもOK。
リビングにいる家族の気配を感じながら、
家具やロールカーテンなどでセパレートして、テレワーク家事コーナーに。
また、小さなお子様のお勉強や家遊びの場として。
ライフスタイルに合わせて、さまざまな活用が可能。
「LATO(側)」だから安心・便利に使い方が広がる空間をご提案しています。


フレキシブルな空間「LATO」の詳細はこちらから。
https://www.hosoda.co.jp/growing/lato/

 

 

きっと好みのデザインが見つかる、細田の3つの外観スタイル!

こんにちは、細田工務店です☆

注文住宅をご検討のみなさんは、
間取りをこうしたい、設備はこんなものが欲しいといろいろ夢を膨らませていることと思います。
では、外観についてはどうでしょう?
何となくイメージはするけれど、何かヒントや提案があったら・・・と思いませんか?

さてそこで、細田工務店から3つの“新”外観スタイルのご提案
ちょっとご紹介させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上質と洗練感のモダンデザイン

LEGATOレガート

スタイリッシュでスクエアなフォルムと美しいデザインの「LEGATO」。
箱を組み合わせたようなキュービクルデザイン
水平ラインが強調された現代的なフォルムと素材感を生かした無機質なテイストが
ソリッドで重厚感のある、モダンで洗練された印象を与えます。

▼LEGATOの詳しく内容はこちら
https://www.hosoda.co.jp/legato


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シャープなフォルムの都市型印象美

ARDITOアルディート

都会の街並みにマッチする、ミニマルで軽やかなデザインの「ARDITO」。
無駄を削ぎ落した上品なテイストで、陰影をおさえてすっきりとした印象に。
エッジをきかせた、シンプルな外観デザインです。

▼ARDITOの詳しく内容はこちら
https://www.hosoda.co.jp/ardito


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木の質感とブラックカラーの可能性

MARCATOマルカート

オーガニックな木の質感とブラックカラーで現代的なコントラストを描く「MARCATO」。
木の魅力が息づく落ち着きある外観デザインと、陰影をつけた表情豊かなファサード。
黒い壁と木の質感がお互いを引き立てあうテイストです。

▼MARCATOの詳しく内容はこちら
https://www.hosoda.co.jp/marcato

 


さて、そんな細田工務店の新しいアイデアを
スマホ・パソコンで360°ご覧いただける、新感覚のWEBモデルハウスを公開中。
こちらもぜひチェックしてみてください♪
▼LEGATOのWEBモデルハウス
https://www.hosoda.co.jp/build/hibarigaoka/

 

 

古い家にも安心を!細田工務店の「耐震補強」

こんにちは、細田工務店です☆

永く住み継がれてきたお住まいは、家自体の経年劣化などで耐震性能が十分に保たれていないことがあります。細田工務店ではこうした住まいの状態をチェックし、地震・台風など予測がしにくい災害に耐えられる住まいにリフォームする耐震補強を行っています。

建物の耐震性を後から強化することができるのか?
そんな疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんので、
今回は細田工務店の耐震補強の内容に少し触れさせていただきます。


耐力壁の強化・・・・ジオH工法
壁の補強では、地震や強風の揺れ、外からの水平の力に抵抗して建物を支える耐力壁に、細田工務店独自の「ジオH工法」を採用。既存(昭和45年制定)・現行(昭和56年制定)の耐力壁と比較して、2.5倍~3.0倍という優れた壁倍率を実現しています。床と天井を壊さずに耐力壁を強化できるので、コスト面でもお客さまのご負担を大きく軽減でき、しかも短い工期ですむというメリットもあります。


基礎の補強・・・・アラミド繊維
基礎の補強では強度に優れ、工期も短くすむ「炭素繊維シート」を採用。基礎は、地震時に建物が受けた力を地盤に伝え逃がしていくという大きな役目を持っています。無筋コンクリートの基礎の場合、アラミド繊維での補強が可能。強度は鉄の10倍。塩害に強く、腐食もありません。また従来の抱き合わせ基礎補強よりも費用も安価で工期も短く済みます。

 

水平構面の補強
建物全体が一体となって地震力に抵抗するためには、屋根面・床面など水平構面の剛性・強度を十分に確保する必要があります。床の剛性・耐力の確保は耐震性能の向上にとって重要。火打ち梁で補強を行ったり、弱点になりやすい吹抜け部分はキャットウォークなどで面内剛性を確保しています。

 

柱脚の補強・・・・耐震金物
建物のそれぞれの柱には、さまざまな力が作用し、それに応じて必要な金物の種類が決められます。柱や梁の1本1本にかかる引き抜き力に対応した構造金物を使用し、接合部を強固に緊結します。柱脚など必要な箇所には、接合金物を設置するなど建物全体をバランスよく補強していきます。


▼細田工務店「耐震補強」については、下記で詳しく説明しております。
ぜひチェックしてみてください。
https://www.hosoda.co.jp/reform/strengthening/

 

 

細田工務店の家は「性能」もすごいんです

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、普段なかなか皆さんにお伝えしきれていない、細田工務店の技術について少しお話させていただきます。

私たちの家づくりの技術の一つに、「ハイブリッドキューブ工法」というものがあります。
これは、1947年の創業以来 “木の家”にこだわり続け、常に創意工夫を重ねてきた私たちがつくりあげたもの。
この技術を核に、細田工務店の“木の家”は、「耐震等級3」をはじめ
国交省が定める住宅性能表示制度の様々な項目で最高等級を取得しています。

この「ハイブリッドキューブ工法」について、障だけ説明すると・・・。

高耐震のヒミツは、床・壁、すべてを強い“面”で囲う6面体構造
従来の木造軸組工法に2×4工法の特性を取り入れ、筋かい・火打ち梁だけでなく、壁・床に構造用面材を張ることで両工法のメリットを活かせる“6面体構造”という高い耐震性能を発揮する工法です。
床・天井・壁を囲う材は、もちろんすべて高強度。壁は筋かいに加え、外壁には約9mm厚の構造用パネル、内壁には約12.5mm厚のせっこうボードを採用。床は鋼製火打ちに加え、約24mmの構造用合板を用いる根太レス工法または約12mm厚の構造用合板を用いる根太落とし込み工法を基本とし、床梁・小屋梁は、一般的な工法の2倍の本数とすることで、安定性をさらに高めています。

 

●制振工法を融合。耐えるだけでなく、地震エネルギーを吸収する“制振壁”。
さらに、繰り返し起こる大地震の揺れを熱エネルギーに変えて建物の変形を少なくする「制振性能」を持つ耐力壁を組み入れ、「ハイブリッドキューブ工法」へと進化させました。
建物の地震対策は、頑なに耐える硬さだけではありません。しなやかさによって、揺れを抑える制振力も必要。ハイブリッドキューブ工法では、国土交通大臣認定で壁倍率5倍を取得した制振壁「延樹・ブランチ」を採用し、度重なる地震においても建物の変形を低減、同時に地震に対する住まいの長寿命化も図っています。

 

 


細田工務店のホームページでは、上記のほか当社のつくる住まいの性能について様々な角度からお伝えしています。
https://www.hosoda.co.jp/quality/

ハイブリッドキューブ工法については、下記で詳しく説明したパンフレットもご覧いただけますのでぜひ参考にしてください。
https://www.hosoda.co.jp/common/new/img/pages/growing/pdf_hybrid-cube_pamph.pdf

 

 

住まい空間をフレキシブルに変える!可動収納ユニット UGOCLO Plusを採用!

こんにちは、細田工務店です☆

長谷工コーポレーションが2017年に開発した “動くクローゼット”、その名も 「UGOCLO(ウゴクロ) 」。
この可動収納ユニットを戸建て向けに改良した新シリーズ『UGOCLO Plus (ウゴクロプラス) 』を、
このたび細田工務店の「グローイングスクエア横浜瀬谷」「グローイングスクエアひばりが丘サウス」に初採用しました!

住まう方がそれぞれの家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、
手軽に、自分たちの手で、自由に、居室の広さと使い勝手を変えることができる可動収納ユニット。
システム収納と同様なシンプルなデザインで、
軽い操作性により女性一人でもラクラク移動可能、天井、床への固定のしやすさにも配慮しています。

この「UGOCLO(ウゴクロ) Plus」には、2つのタイプをラインナップ。

1ユニットタイプ UGOCLO Plus s」
居室間を水平移動することで、部屋の広さを容易に変えることが可能。
両面扉だから、使い勝手に応じてどちらの居室からも収納・取り出しが可能。

2ユニットタイプ 「UGOCLO Plus」
2組のユニットを水平移動することで、 部屋・収納の広さを自由に調整できます。
ユニット中央の収納を通路とすることで、ユニット間の空間を収納だけでなく、ワークスペースなど多用途に活用可能です。

住空間をフレキシブルに変更できる嬉しい収納ユニット「UGOCLO(ウゴクロ) Plus」
今後、細田工務店が設計・施工する新築分譲住宅に
積極的に提案・導入していく計画です!

グローイングスクエアひばりが丘サウス」で実物をご覧いただけますので、
ぜひ一度足を運んでみてください♪

 

 

Sheeの考える「もっと“私”を大切にする空間提案」

こんにちは、細田工務店です☆

住まいはもっと、女性に優しくあって欲しい———。
そんな思いを住まいづくりに生かしていこうと、
女性スタッフたちが議論を重ねてきたプロジェクトから生まれた
注文住宅の新コンセプト[Shee]
様々なご提案を発信しておりますが、
中でも大切にしていることの一つが「ママがくつろげる時間」です。

家事はもちろん大切ですが、自分のための時間を大切にすることも必要。
プライベートタイムも満喫できる住まいであれば、より豊かな暮らしが広がりはじめます。
趣味を存分に楽しめるスペースがあったり、オシャレな小部屋で気分よくくつろいだり、
空間に、ほんの少しアレンジを加えるだけでも日々の暮らしの印象がガラリと変わります。
そんなアイデアを様々な場所で細やかに考えてみました。

例えば、室内マド付のオシャレな空間ヌック」。
ちょっとした休憩時間を、オシャレな気分ですごせるスペース 。
お気に入りのソファで、ママから“”になれる時間が生まれます。

あるいは、ジムやホビーに使えるアトリエクローク」を。
ホームジムやヨガ、趣味の空間など多彩な楽しみ方ができて毎日が充実。
エクササイズやフラワーアレンジメントなど、やってみたかったことが可能になります。

また、住まいの中に自分が楽しめるスペースがある
暮らしの中に潤いも生まれます。
玄関にピクチャーウォールを設置すれば、季節ごとの飾りつけを楽しんだり 、
コート掛けとしても利用可能です。

女性だからこそ、気になること住まいづくりにたずさわる細田工務店だからこそ、気づけること
そんな想いを込めた新提案が[Shee]
私たちの新しいコンセプトにあなたの希望も加えて、理想の住まいのカタチを考えてみませんか?

[Shee]のもっと詳しい情報は、下記ホームページでチェックしてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/build/shee/

 

 

「耐震診断」のススメ。ホームページに「自己診断チェックポイント」も!

こんにちは、細田工務店です☆

住まいにおける「耐震」。
それは皆さまの財産である住まいそのものを守ると同時に、
大切なご家族の安全と生命を守ることでもあります。


住まいづくりと地震の関係について振り返ってみると、
まず耐震のための法改正として、1981年に屋根葺材の種類別に耐力壁量がアップする改正が行われました。
しかし、1995年の阪神・淡路大震災で半壊・全壊した木造住宅の多くは、1981年の新耐震基準が施行される前に建てられた住宅だったことから、2000年に建築基準法の改正がなされ、 耐力壁配置のバランス、地盤の地耐力(堅さ)に応じた基礎の規定、引き抜き対策金物の規定など法基準が改正され、それまでの耐震上の問題は大きく軽減されることになったのです。


さてそうなると、みなさんの不安は
ずいぶん以前に建てたご自宅の場合はどうなんだろう・・・」と言うことではないでしょうか?
安心して永く暮らせる住まいづくりを目指す細田工務店は、
そのための耐震診断耐震補強をとても大切に考えています。

細田工務店は、東京都木造住宅耐震診断事務所登録(第308号)を行っていて、
認定を受けた耐震診断技術者が「耐震精密診断」に対応しています。
あなたのご自宅の耐震性能について熟練の技術者による的確な耐震診断を行っていますので、
お気軽に相談いただければと思います。


また、細田工務店のホームページでは、
お住まいの耐震力を自己診断できるチェックポイントもご用意しています。
危険な住宅には「症状」が表れています。
ぜひ下記でチェックいただき、該当する項目があれば住宅耐震診断をおすすめしていますので
ぜひ確認して見てください。

https://www.hosoda.co.jp/reform/evaluation/

 

 

リビングの「側」(LATO)にテレワーク・スタディコーナーを

こんにちは、細田工務店です☆

暮らし方に変化が生まれている今の時代に、
細田工務店が提案する住まいのフレキシブル空間LATOスペース」。
“LATO”とは、イタリア語で「側」・「サイド」の意味で、
ご家族それぞれが思い思いにデザインできるリビングサイドのプラス1空間です。

リビングにいる家族の気配を感じながら、
家具やロールカーテンなどでセパレートして、テレワークや家事に使えるコーナーを。
また、小さなお子様のお勉強や家遊びの場として、
キッチンで家事をしながらでも安心して見渡せる空間としても使えます。

たとえばリビングサイドのスタディコーナーは、
家事をしながらでも気配を感じられる安心の知育空間。
親子で、兄弟で、並んで宿題や読書時間を習慣づけられ
親子の絆を育む子育てに最適な空間です。

あるいはテレワークコーナーなら、
ロールカーテンや家具でリビングと仕切ってWeb会議に対応
個室では小さなお子様が心配なご家族でも、「LATOスペース」であれば安心です。

つくり方のバリエーションがさまざまで、演出方法も多彩、
しかも「LATO(側)」だから安心・便利に使い方が広がるこの空間。
細田工務店では、分譲住宅のオプションリフォームのプランとしてもご提案しています。

新しいライフスタイルが求められる今、
ご家族それぞれの暮らしやすさのために、ぜひ細田工務店にご相談ください♪

 

 

[新年のごあいさつ] 2021年は、細田工務店第2の創業期

みなさん、あけましておめでとうございます、細田工務店です☆

昨年はコロナの影響により、
みなさまにとっても大変な、特別な1年であったかと思います。
細田工務店はそんな中でも、多くのお客さまからのご支持により
たくさんの住まいをお届けすることができました。
また、[BinO/FREEQ]のリリースをはじめ、グローイングスクエア国立コンセプトハウスグローイングスクエア阿佐谷など新しい取り組みも積極的に展開し、活発な1年を過ごすことができました。

そして、4月には長谷工グループの一員となり、11月からはテレビCMもスタート。
これまで以上にたくさんのお客さまの住まいづくりに携わりたいと、新たなスタートを切っています。

そして2021年。
長谷工グループの一員として迎える初めての新年は、細田工務店にとってまさに「第2の創業」。
年始から新しいニュース満載で、一味違う細田工務店をお見せしてまいります。

こちらのコーナーでもさまざまな情報をお届けしてまいりますので、ぜひ注目していてください。

それでは、2021年もよろしくお願いいたします。


細田工務店 スタッフ一同