細田工務店の家は「性能」もすごいんです

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、普段なかなか皆さんにお伝えしきれていない、細田工務店の技術について少しお話させていただきます。

私たちの家づくりの技術の一つに、「ハイブリッドキューブ工法」というものがあります。
これは、1947年の創業以来 “木の家”にこだわり続け、常に創意工夫を重ねてきた私たちがつくりあげたもの。
この技術を核に、細田工務店の“木の家”は、「耐震等級3」をはじめ
国交省が定める住宅性能表示制度の様々な項目で最高等級を取得しています。

この「ハイブリッドキューブ工法」について、障だけ説明すると・・・。

高耐震のヒミツは、床・壁、すべてを強い“面”で囲う6面体構造
従来の木造軸組工法に2×4工法の特性を取り入れ、筋かい・火打ち梁だけでなく、壁・床に構造用面材を張ることで両工法のメリットを活かせる“6面体構造”という高い耐震性能を発揮する工法です。
床・天井・壁を囲う材は、もちろんすべて高強度。壁は筋かいに加え、外壁には約9mm厚の構造用パネル、内壁には約12.5mm厚のせっこうボードを採用。床は鋼製火打ちに加え、約24mmの構造用合板を用いる根太レス工法または約12mm厚の構造用合板を用いる根太落とし込み工法を基本とし、床梁・小屋梁は、一般的な工法の2倍の本数とすることで、安定性をさらに高めています。

 

●制振工法を融合。耐えるだけでなく、地震エネルギーを吸収する“制振壁”。
さらに、繰り返し起こる大地震の揺れを熱エネルギーに変えて建物の変形を少なくする「制振性能」を持つ耐力壁を組み入れ、「ハイブリッドキューブ工法」へと進化させました。
建物の地震対策は、頑なに耐える硬さだけではありません。しなやかさによって、揺れを抑える制振力も必要。ハイブリッドキューブ工法では、国土交通大臣認定で壁倍率5倍を取得した制振壁「延樹・ブランチ」を採用し、度重なる地震においても建物の変形を低減、同時に地震に対する住まいの長寿命化も図っています。

 

 


細田工務店のホームページでは、上記のほか当社のつくる住まいの性能について様々な角度からお伝えしています。
https://www.hosoda.co.jp/quality/

ハイブリッドキューブ工法については、下記で詳しく説明したパンフレットもご覧いただけますのでぜひ参考にしてください。
https://www.hosoda.co.jp/common/new/img/pages/growing/pdf_hybrid-cube_pamph.pdf

 

 

住まい空間をフレキシブルに変える!可動収納ユニット UGOCLO Plusを採用!

こんにちは、細田工務店です☆

長谷工コーポレーションが2017年に開発した “動くクローゼット”、その名も 「UGOCLO(ウゴクロ) 」。
この可動収納ユニットを戸建て向けに改良した新シリーズ『UGOCLO Plus (ウゴクロプラス) 』を、
このたび細田工務店の「グローイングスクエア横浜瀬谷」「グローイングスクエアひばりが丘サウス」に初採用しました!

住まう方がそれぞれの家族構成やライフスタイルの変化に合わせて、
手軽に、自分たちの手で、自由に、居室の広さと使い勝手を変えることができる可動収納ユニット。
システム収納と同様なシンプルなデザインで、
軽い操作性により女性一人でもラクラク移動可能、天井、床への固定のしやすさにも配慮しています。

この「UGOCLO(ウゴクロ) Plus」には、2つのタイプをラインナップ。

1ユニットタイプ UGOCLO Plus s」
居室間を水平移動することで、部屋の広さを容易に変えることが可能。
両面扉だから、使い勝手に応じてどちらの居室からも収納・取り出しが可能。

2ユニットタイプ 「UGOCLO Plus」
2組のユニットを水平移動することで、 部屋・収納の広さを自由に調整できます。
ユニット中央の収納を通路とすることで、ユニット間の空間を収納だけでなく、ワークスペースなど多用途に活用可能です。

住空間をフレキシブルに変更できる嬉しい収納ユニット「UGOCLO(ウゴクロ) Plus」
今後、細田工務店が設計・施工する新築分譲住宅に
積極的に提案・導入していく計画です!

グローイングスクエアひばりが丘サウス」で実物をご覧いただけますので、
ぜひ一度足を運んでみてください♪

 

 

Sheeの考える「もっと“私”を大切にする空間提案」

こんにちは、細田工務店です☆

住まいはもっと、女性に優しくあって欲しい———。
そんな思いを住まいづくりに生かしていこうと、
女性スタッフたちが議論を重ねてきたプロジェクトから生まれた
注文住宅の新コンセプト[Shee]
様々なご提案を発信しておりますが、
中でも大切にしていることの一つが「ママがくつろげる時間」です。

家事はもちろん大切ですが、自分のための時間を大切にすることも必要。
プライベートタイムも満喫できる住まいであれば、より豊かな暮らしが広がりはじめます。
趣味を存分に楽しめるスペースがあったり、オシャレな小部屋で気分よくくつろいだり、
空間に、ほんの少しアレンジを加えるだけでも日々の暮らしの印象がガラリと変わります。
そんなアイデアを様々な場所で細やかに考えてみました。

例えば、室内マド付のオシャレな空間ヌック」。
ちょっとした休憩時間を、オシャレな気分ですごせるスペース 。
お気に入りのソファで、ママから“”になれる時間が生まれます。

あるいは、ジムやホビーに使えるアトリエクローク」を。
ホームジムやヨガ、趣味の空間など多彩な楽しみ方ができて毎日が充実。
エクササイズやフラワーアレンジメントなど、やってみたかったことが可能になります。

また、住まいの中に自分が楽しめるスペースがある
暮らしの中に潤いも生まれます。
玄関にピクチャーウォールを設置すれば、季節ごとの飾りつけを楽しんだり 、
コート掛けとしても利用可能です。

女性だからこそ、気になること住まいづくりにたずさわる細田工務店だからこそ、気づけること
そんな想いを込めた新提案が[Shee]
私たちの新しいコンセプトにあなたの希望も加えて、理想の住まいのカタチを考えてみませんか?

[Shee]のもっと詳しい情報は、下記ホームページでチェックしてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/build/shee/

 

 

「耐震診断」のススメ。ホームページに「自己診断チェックポイント」も!

こんにちは、細田工務店です☆

住まいにおける「耐震」。
それは皆さまの財産である住まいそのものを守ると同時に、
大切なご家族の安全と生命を守ることでもあります。


住まいづくりと地震の関係について振り返ってみると、
まず耐震のための法改正として、1981年に屋根葺材の種類別に耐力壁量がアップする改正が行われました。
しかし、1995年の阪神・淡路大震災で半壊・全壊した木造住宅の多くは、1981年の新耐震基準が施行される前に建てられた住宅だったことから、2000年に建築基準法の改正がなされ、 耐力壁配置のバランス、地盤の地耐力(堅さ)に応じた基礎の規定、引き抜き対策金物の規定など法基準が改正され、それまでの耐震上の問題は大きく軽減されることになったのです。


さてそうなると、みなさんの不安は
ずいぶん以前に建てたご自宅の場合はどうなんだろう・・・」と言うことではないでしょうか?
安心して永く暮らせる住まいづくりを目指す細田工務店は、
そのための耐震診断耐震補強をとても大切に考えています。

細田工務店は、東京都木造住宅耐震診断事務所登録(第308号)を行っていて、
認定を受けた耐震診断技術者が「耐震精密診断」に対応しています。
あなたのご自宅の耐震性能について熟練の技術者による的確な耐震診断を行っていますので、
お気軽に相談いただければと思います。


また、細田工務店のホームページでは、
お住まいの耐震力を自己診断できるチェックポイントもご用意しています。
危険な住宅には「症状」が表れています。
ぜひ下記でチェックいただき、該当する項目があれば住宅耐震診断をおすすめしていますので
ぜひ確認して見てください。

https://www.hosoda.co.jp/reform/evaluation/

 

 

リビングの「側」(LATO)にテレワーク・スタディコーナーを

こんにちは、細田工務店です☆

暮らし方に変化が生まれている今の時代に、
細田工務店が提案する住まいのフレキシブル空間LATOスペース」。
“LATO”とは、イタリア語で「側」・「サイド」の意味で、
ご家族それぞれが思い思いにデザインできるリビングサイドのプラス1空間です。

リビングにいる家族の気配を感じながら、
家具やロールカーテンなどでセパレートして、テレワークや家事に使えるコーナーを。
また、小さなお子様のお勉強や家遊びの場として、
キッチンで家事をしながらでも安心して見渡せる空間としても使えます。

たとえばリビングサイドのスタディコーナーは、
家事をしながらでも気配を感じられる安心の知育空間。
親子で、兄弟で、並んで宿題や読書時間を習慣づけられ
親子の絆を育む子育てに最適な空間です。

あるいはテレワークコーナーなら、
ロールカーテンや家具でリビングと仕切ってWeb会議に対応
個室では小さなお子様が心配なご家族でも、「LATOスペース」であれば安心です。

つくり方のバリエーションがさまざまで、演出方法も多彩、
しかも「LATO(側)」だから安心・便利に使い方が広がるこの空間。
細田工務店では、分譲住宅のオプションリフォームのプランとしてもご提案しています。

新しいライフスタイルが求められる今、
ご家族それぞれの暮らしやすさのために、ぜひ細田工務店にご相談ください♪

 

 

[新年のごあいさつ] 2021年は、細田工務店第2の創業期

みなさん、あけましておめでとうございます、細田工務店です☆

昨年はコロナの影響により、
みなさまにとっても大変な、特別な1年であったかと思います。
細田工務店はそんな中でも、多くのお客さまからのご支持により
たくさんの住まいをお届けすることができました。
また、[BinO/FREEQ]のリリースをはじめ、グローイングスクエア国立コンセプトハウスグローイングスクエア阿佐谷など新しい取り組みも積極的に展開し、活発な1年を過ごすことができました。

そして、4月には長谷工グループの一員となり、11月からはテレビCMもスタート。
これまで以上にたくさんのお客さまの住まいづくりに携わりたいと、新たなスタートを切っています。

そして2021年。
長谷工グループの一員として迎える初めての新年は、細田工務店にとってまさに「第2の創業」。
年始から新しいニュース満載で、一味違う細田工務店をお見せしてまいります。

こちらのコーナーでもさまざまな情報をお届けしてまいりますので、ぜひ注目していてください。

それでは、2021年もよろしくお願いいたします。


細田工務店 スタッフ一同

 

 

【細田の住まいづくり】 心とカラダの美しさを支える住まい

こんにちは、細田工務店です☆

住まう方の幸せな暮らしを願って、常に最適な環境を追求し続けている細田工務店。
健康に暮らすためには住まいの環境はとても重要。健康面を中心に細かなところまで気を配った住まいづくりに取り組んでいます。
そんな「身体に優しい住まい」のポイントをいくつかをご紹介したいと思います。


足もとが暖かくなると、不快症状が緩和され快適な毎日になります

冷えや低体温は万病の元ともいわれ、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状が現れてきます。室温を暖かく保つなど必要ですが、特に床面を暖かくすることが効果的です。
高気密高断熱のエコサーマルによって、建物内の温度差は軽減。無垢の床材の空気を含む性質により、足元にぬくもりを与えます。

 


エアコンをあまり使わなくても良い快適な住空間が過乾燥を防ぎます

室内の過乾燥は、カサカサ肌、ドライアイ、のどの乾き、静電気の発生など、住む人に対して直接的な害も与えます。湿度が30%以下になったら要注意です。
冬期は室内が過乾燥になりがちですが、熱交換換気システムの湿度コントロール機能により過乾燥を防ぎます。

 


室内の空気に配慮することは、美容と健康の手助けになります

人が生涯で摂取するものの中で、一番多いのは室内の空気。その空気には科学物質も含まれています。食事や水と同様に、健康のためにも綺麗な空気を選ぶことが大切です。
熱交換換気システムにより、24時間換気で換気をよくし、高性能フィルターにより新鮮な空気で風邪・インフルエンザ対策、アレルギー予防もできます。

 


木材のリラックス効果で心も体も健康に

木の心地よい香りには「リフレッシュ効果」や「鎮静効果」がある他、「抗菌作用」「消臭作用」なども持っていると言われています。また、無垢材は適度な柔らかさとぬくもりがあるので、足元が快適になります。
また、時を重ねるごとに木目がなじみ美しくなっていくのも無垢材の魅力。香り、質感だけではなく、見た目にもリラックス効果が得られます。

 


細田工務店はこのように、デザインや機能ばかりでなく、
なかなか目に見えづらい健康面も配慮した家づくりを行っています。

 

 

【細田の住まいづくり】 子どもたちが喜ぶ住まい

こんにちは、細田工務店です☆

住まう方の幸せな暮らしを願って、常に最適な環境を追求し続けている細田工務店。
特に、子育ての場として住まいが果たす役割については、健康面を中心に細かなところまで気を配った住まいづくりに取り組んでいます。
最適な子育て環境のための住まいには、何が必要なのか。
そのポイントをいくつかご紹介したいと思います。


人が生涯で摂取するものの中で、一番体内に取リ込むのは室内の空気です。その空気には科学物質が含まれています。食事や水と同様に、子どもたちには綺麗な空気を選んであげることが大切です。
室内の綺麗な空気が、子どもたちの健康な体作りをサポートします。


そのために、まず「熱交換換気システム」。
24時間換気高性能フィルターで風邪・インフルエンザ対策、アレルギー予防もできます。綺麗な空気で、お子さまの健やかな成長を支えます。

そして、子どもたちの健康の大敵、カビを防ぐことも重要
カビは子どもたちのアレルギーや喘息を引き起こしますカビ発生の一番の要因は結露です。結露を防ぐことにより、家族みんなで健康的に暮らすことができます。
高断熱・高気密の住まいが、外気の温度差を伝わりにくい室内環境をつくり、結露を大幅に軽減します。


また、換気による新鮮な空気は、子どもたちの集中力を高めます
二酸化炭素の量が増えると、眠気や集中力の低下などにつながります。換気量が2倍増加する毎に、学習効率が3%も向上するという結果もあります。
学習と換気の関係は無視できません。
熱交換換気システムで、常に室内にきれいな空気を供給することにより、 お子さまの集中力を高めます。
子どもたちの宿題も、きっとはかどると思います。


最後に、細田工務店がお届けする「木の家の効果についても触れておきたいと思います。

無垢材の質感は、子どもの素足に心地よさを、香りがリラックスを与えます。
木材は適度な柔らかさがあるので素足にやさしく、また木の心地よい香りには「リフレッシュ効果」や「鎮静効果」がある他、「抗菌作用」「消臭作用」なども持っていると言われています。

子どもたちのやすらぎのためにも、木の家はとても効果的なものなのです。

 

 

BinO with HANDS モデルハウスがOPENしました!

こんにちは、細田工務店です☆

さる10月10日、住宅展示場ハウスクエア横浜にオープンした「BinO with HANDS」のモデルハウス。
さっそくたくさんの方にご来場いただいておりますが、
なかなか足を運べない方のために、このコーナーでも現地のスタッフにチラッと紹介してもらいました!

 

まず外観は、1.5畳の開放的なウッドバルコニーが印象的。
家族をさりげなく外へと連れ出してくれるアウトドアスタイル設計の住まいです。

 

玄関の横には、室内からも屋内からも繋がるアウトドアストッカーが設けられています。
ガレージのように使ったり、収納スペースとして使ったり、アウトドアの愉しみ方が広がる空間です。

 

このモデルハウスは、細田工務店と東急ハンズの共同プロデュース
東急ハンズセレクトのオシャレなアイテムでコーディネートされたキッチン&ダイニングを存分にお楽しみいただけます。

 

そのダイニングから、スキップフロアで繋がる広々としたLDK。高い吹き抜けの伸びやかな大空間です。
スキップフロアなら、家族の繋がりを感じながらそれぞれのお家時間を楽しめますね。

 

こちらは、家族全員分の洋服や小物が収納できる大型ウィークインクローゼット。
広い空間には使いやすい収納棚やハンガーパイプも備えてあり、スッキリと整理整頓できます。

 

他の部屋より天井を低くした隠れ家のようなインサイドストッカー。落ち着きのある空間は、シアタールームやオーディオルーム、そして寝室にもぴったりです。

 

木の温かさを感じられる洋室は、女の子のための子ども部屋インテリアにかわいくコーディネートしました♪

 

“毎日の暮らしに、心躍るような喜びと本当の豊かさを”という
BinOの哲学がカタチになったモデルハウスになっています。
ぜひ実物を体験に足を運んでみてくださいね♪

 

▼モデルハウスの詳細や会場の地図などはこちらから
☆バーチャルモデルハウスで、ご自宅にいながら室内をご覧いただくことも可能です!
https://binofreeqtokyobase.jp/new-model-house

▼キップフロアで暮らしを愉しむ住まい『BinO-ビーノ-』の詳細は
BinO/FREEQ TOKYO BASE をご覧ください
https://binofreeqtokyobase.jp/

▼こちらもチェック♪
BinO/FREEQ TOKYO BASEインスタグラム
https://www.instagram.com/binofreeq_hosoda/

 

 

「住まいづくり」のポイントを学ぼう!〈構造と工法編〉

こんにちは、細田工務店です☆

憧れのマイホームづくりには、資金計画や土地探し、建物のプランづくり、契約や各種手続き、実際の工事などさまざまなステップがあります。
その中で建物の構造や工法については、専門性が高く難しいと思われるのか、外観やインテリアなどと比べると関心を持たれる方が少ないように感じます。
でも、これから永く暮らす住まいだからこそ、建物の中身はとっても重要。
今回はこの「構造と工法」について触れてみたいと思います。

例えばモデルハウスを見学に行かれた時。
外観や間取りについ目が行ってしまいますが、まずは工法を確かめることが優先です。ご家族の暮らしの基盤になるものですから、中身を理解し、自分たちに適したものを選びことが大切。
また、「施工」の善し悪しを見極めることも大切です。

戸建て住宅の構造は、大まかに分けると木造鉄筋コンクリート造鉄骨造があります。
また、工法として、在来軸組工法ツーバイフォー工法プレハブ工法などがあります。
それぞれの工法や構造部材により、間取りの自由度が高いとか、工期が短い、後からでも増改築が比較的簡単にできる、重機が入れる所でないとだめ、などさまざまな特徴がありますので、自分に合うものを選びましょう。

細田工務店の品質・技術についてはこちら
https://www.hosoda.co.jp/quality/


さてここでは、最も一般的な木造軸組工法の工事を例に確認ポイントをご紹介します。

(1)基礎工事・・・コンクリートを流し込む前の鉄筋に注目しましょう
家を支える土台とその基礎部分の堅固さは、鉄筋やアンカーボルト、高品質のコンクリートによって作り出されます。素人はコンクリート表面の仕上がりに目がいきがちですが、コンクリートは、混ぜる時の水の比率で強度が決まります。また、鉄筋の量や、組みあがった状態を見ると、基礎の強さを実感することができます。

(2)上棟まで・・・タテ材とヨコ材の接合を切り欠いて繋ぐ技術があります。
土台が基礎部分に据え付けられると、柱や梁が手際よく組まれ、その家のシルエットがおおよそ出来上がります。そこで見てほしいのが、木のタテ材とヨコ材の接合部分です。最近は、そのまま接合しボルトや釘で固定するといった手法も多いですが、部材の端を加工してはめこみ、木材の変化への配慮をしている会社もあります。目立たない部分ですが、クロスが剥がれにくくなるなど、数年後の仕上がりに影響があります。

(3)内部工事・・・耐震や断熱材を確認しましょう
上棟式が終わると、屋根工事が行われ、窓や外壁の工事がはじまります。この段階で見ておきたいのが、垂直部材を補強する「筋かい」や、水平部材を補強する「火打ち」がちゃんと入っているか。また、断熱材が隙間なく装填されているかなどです。安心や快適を左右する部分ですが、完成してしまうと見ることができない工程ですから、できれば見ておきたいですね。

建築現場は見てもよく分からないから、行ってもしょうがないと思っていませんか?
でも、例えば安全への配慮材料や道具の置き方ごみの片づけ方など、行けば必ず何らかの印象を持ちます。モデルハウスや販売担当者の話が「見た目」とすると、建築現場は中身が分かる場所なので、ぜひ足を運んでみてください。
細田工務店では、お客さまにとって外見も中身も最良のパートナーとなれるような住まいづくりに取り組んでいます。


細田工務店のホームページでは、
家を建てる際の流れに沿って、それぞれのステップで必要な知識・ポイントなどをわかりやすくご説明しています
下記のコーナーをぜひ参考にしてみてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/build/special/schedule/