今でも人気!和室の魅力を改めて考えてみる

こんにちは、細田工務店です☆

前回もご紹介した、細田工務店の公式インスタグラムで行っているアンケート
https://www.instagram.com/hosoda_koumuten/

今回もそのアンケート結果から一つご紹介したいと思います。
それが、「和室は必要ですか?」というアンケート。
みなさんは、新しい家をつくるとしたら和室は欲しいですか?不要ですか?

最近は和室を求める方が減りつつあるのかな
という印象もありますが、アンケートの結果はピッタリ50%!
半数の方が「和室が欲しい!」と回答しています。


さてここで、改めて和室の魅力をお話してみたいと思います。

和室といえば、主役は
「和室って落ち着きますね」という声を良く聞きますが、
実は「」がとっても優れもので、「落ち着きの素なのです。

●リラックスを生む「い草の香りと色」
畳の部屋に入るとほっとする、と感じるのは何故か。実は、い草の香りには樹木が発するいわゆる森林の香りフィトンチッド」や、漢方薬やアロマオイルにも使われる香附子の主成分αシペロン」などが含まれていて、リラックス効果が高いことがわかっています。

●優れた抗菌作用で臭いの原因菌を退治
日本最古の医書「医心方」をはじめ、江戸時代に編纂された「和漢三才図会」や「本草綱目啓蒙」などにも記述がある通り、古来よりい草は薬草とみなされてきました。い草には、足の臭いの原因となる微生物群の増殖を抑える効果があり、抗菌作用が高いのです。

●畳は天然の除湿・加湿器
普段私たちが腰を下ろす畳表(表面に張られたゴザ)は、乾燥させた「い草」という植物を織り上げて作られています。い草の中は空気をたっぷり含んだスポンジ状になっているため、湿気をグングン吸い込み、乾燥してきたら取り入れた湿気を放出します。

●ゴロゴロしたくなる「適度な弾力」
旅館等で畳を目にした途端、思わずゴロンと横になってしまった経験はないでしょうか。柔らか過ぎず、固過ぎない、適度なクッション感も畳の魅力の一つです。

●音や衝撃を吸収して静かな空間に
畳は音と衝撃を吸収するため、防音材やクッションの役割も果たしてくれます。子どもが走り回ってもフローリングより静かなのはこのおかげ。硬くて軽いものを落とした時の軽量衝撃音、人が歩いたりドンドンと飛び跳ねたりした時の重量衝撃音とも、畳は吸音性が高いことが実証されています。

最近は、そんな畳の特徴を活かして、リビングサイドに畳のコーナーを設ける住まいも増えてきました。
小さなお子さんのお世話をしたり、家事をしたり、ちょっと休憩したり。
畳のスペースは、フレキシブルに活用できる便利さも魅力。
住まいづくりの際にはぜひ、
様々な効果と魅力のある「畳の部屋・和室」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

不足がちな収納も、暮らしに合わせてしっかりプラン

こんにちは、細田工務店です☆

さまざまな事例の写真など紹介している、細田工務店の公式インスタグラム
https://www.instagram.com/hosoda_koumuten/

実はそのインスタグラムで、時々アンケートを実施させていただいています。
その中で先日行ったのが、
ご自宅で最も足りていない収納場所は?
というアンケート。
皆様のご自宅ではいかがですか?

インスタグラムでアンケートに答えていただいた結果がこちら。
キッチンや洗面室などは比較的足りているようですが、
リビングや玄関などに不足を感じている方が多いという結果でした。

中でも、予想以上に不足と感じている方が多かったのが玄関
靴はもちろん、お子様の外遊びの道具やアウトドアのグッズ、
ゴルフバッグなどなど、玄関周りに収納したものは多いですからね。

細田工務店では、
そんなお客様のニーズをしっかり汲み取って
玄関周りにも様々な収納を設けたプランをご提案しています。
施工事例なども、ぜひチェックしてみてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/photogallery/

 

 

【戸建てのススメ】 お金の面で考える「マンションVS戸建」

こんにちは、細田工務店です☆

これから住宅購入をするとしたら、マンションにしようか一戸建てにしようか……。悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
特に最近、「マンションの価格が上昇している」というニュースを目にすることが増え、「どっちが得なんだろう」と考える方もいらっしゃるでしょう。

以前は、一般的に「マンションは一戸建てより価格が安い」というイメージがありました。ですが、都心部を中心にマンション価格が上昇していることで、それなら一戸建て、と考える方も増えてきているようです。
それぞれに特徴がありますから、ライフスタイルに合わせて検討していきたいですね。

さて、そんな検討の参考に、「ランニングコストの比較」という点に絞って少しお話させていただきたいと思います。

家を持っている間にかかるお金(ランニングコスト)の中で、
マンションにだけかかる費用というものがあります。

主なものとして、次の費用があります。
・管理費
・修繕積立金
・駐車場代

マンションは毎月、管理費や修繕積立金がメンテナンス費として徴収されます。しかも、修繕積立金は築年数が経過するほど値上がりする傾向にあります。一方、一戸建ては毎月の固定費はありません。しかし自分の裁量で貯蓄しておき、修繕が必要な際には支出を判断することは必要です。
車を持つ方は、駐車場代も必要です。最近は車を持たない方が増えてきたこともあって、マンションでは全戸数分の駐車場を設けないところも増え、敷地内に駐車場を確保できるかわからず、その場合は近くで探すことになります。

いずれにしても、マンションの場合は住宅ローンにプラスして毎月の支払いが発生します。
これらの毎月かかる費用をローン換算すると、
戸建なら購入予算をアップできますし、その分貯蓄に回すこともできます。
物件価格を比較する際には、そういった点も考えて家計視点で検討することが必要です。

その他、税金などもあってお金の面では比較すべき項目がたくさん。
どちらが得かは項目ごとに異なるうえ、エリアや物件による違いも大きいものです。

しかし「マンションの方が安いという言葉が当たり前でなくなっているのが最近の状況
夢の一戸建て」を、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

梅雨時だけじゃない?部屋干しは住まいの必須アイテムに!

こんにちは、細田工務店です☆

いつの間にか梅雨の声も聞こえてきたりするこれからの季節。
一番の悩みといえば、洗濯物ですよね。
部屋干しするしかないけど、どこに干しても暮らしのストレスに・・・。
何か対策を立てたいところです。

考えてみれば、雨の日だけでなく部屋干しは一年を通じて大活躍!
春先は花粉が舞う屋外を避けるために、
梅雨時は晴天が少なく湿気でジメジメ、
秋には雨も風も強烈な台風がやってきますし、
冬は気温も低くてなかなか乾かない・・・

いまや、部屋干しのツールは洗濯に欠かせないアイテム!
住まいのプランにもアイデアが欠かせませんね。


広めの洗面&洗濯室バルコニー横のランドリールームを計画すれば
洗濯家事が一部屋で楽々完結!
さらに最近はアイロンがけができるカウンタークローゼットなどの大型収納を備えた一部屋で何役もこなせる空間づくりも人気です♪

ちょっとの工夫でより使いやすく、洗濯家事がラクに♪
ライフスタイルに合わせたランドリールーム計画も細田工務店にお任せください!

 

 

住まい空間に変化が生まれる「スキップフロア」

こんにちは、細田工務店です☆

間取りの中でも、特におしゃれでトレンド要素もある「スキップフロア」。
スキップフロアとは、同じ空間の中に少しずつ段差をつけたり、数段の階段をつけたりして、中2階や中3階のような空間を設けるつくりのことをいいます。

そんな立体的な構造にすることで奥行きのある大空間が生まれ、
単調なフロアにメリハリを出せるといった特徴があります。
同じ部屋の中でも景色や雰囲気が違ってみえる、そんな些細な変化が楽しい空間になります。

 

階段ライブラリー」のようなプラスαの空間を生み出すもよし、
テレワークのためのワークスペースにしてもよし、開放感のある大空間を楽しむもよし。
いろいろなアイデアで空間を有効活用すればおうち時間がもっと楽しくなります。

スキップフロアには、その他にもさまざまなメリットがあります。
スキップフロアを作るための段差部分や階段に引き出しをつけると、便利な収納スペースに大変身!
階段下に収納スペースを設けることもでき、デッドスペースを活用できます。

平坦なフロアに比べ、段差のあるスキップフロアは、実際の面積よりも視覚的に広く見えるというメリットもあります。
また、独立した空間の機能を持ちながらも、仕切りがないので家族の気配を感じられ、コミュケーションをスムーズにとることができる点も家庭を大切にしたい人にとって大きなメリットでしょう。

 

そんなスキップフロアで設けたプライベート空間であれば、集中できるワークスペースにもピッタリです。
コロナ禍で在宅時間が長くなったことで、仕事だけでなく趣味に集中できる空間づくりに注目が集まっています。まるで秘密基地のように思えるスキップフロアは、子どものプレイルームや外出しなくても楽しめる趣味用のスペースにも使うことができるのです。

暮らしに遊びゴコロをプラスする「スキップフロア」。
住まいづくりの際には、ぜひ検討したいスタイルですね。

 

 

陽当たりだけじゃない、2階リビングのメリットとは?

こんにちは、細田工務店です☆

リビングは家族が集まり共に過ごす時間が一番多い場所。
最近はそのリビングも、1階が当たり前ではなく2階に設ける住まいも増えています。
今回は、そんな2階リビングの魅力について。
1階リビングに慣れているとあまり想像がつかない人もいるかもしれませんが、
実は2階リビングにもメリットがたくさんあリます。

陽当たりの良さを求めて
2階は1階よりも光が差し込みやすいため、明るいリビングにすることができます。
日中の陽当たりがよいと、部屋の気温も上がるため心地よく過ごすことができます。
特に狭小地など十分に採光が確保できない場所では、2階リビングのほうが陽当たりがよくなります。

耐震強度が増す
リビングは人が一番集まるところであり、面積も広いため極力、柱の本数を少なくしようとします。
そうすることで見通しがよくなり、柱を邪魔に感じることがありません。
しかし、その分耐震強度が下がってしまいます。
2階リビングであれば、1階に寝室や子ども部屋などの各部屋を作るので、柱の本数が増え耐震強度が上がります
開放感のあるリビング建物の安全性の2つを叶えることができるのです。

プライバシーを守ることができる
1階リビングは周囲からの視線などにさらされ、プライバシー性が低くなります。
しかし2階リビングであれば、近くの道路や近隣からの目を気にする必要がなく、プライバシー性を高くすることができます。
近隣と建物の距離が近い場合は、とくに2階リビングがメリットになります。

眺めがいい
1階リビングより高さもありプライバシー性が高い2階リビングは、思い切り窓やカーテンを開けることができ、開放感と眺めのよさを手に入れることができます。
そのため、戸建てでも眺めのよさは捨てがたいという人におすすめの間取りです。

このように様々なメリットのある2階リビングですが、注意すべきポイントもいくつかあります。

まず、階段の昇り降りが増えること。
リビングは家族が集まる場所なので、自然と階段の昇り降りが増えます。
買い物をしたあとや、荷物が届いたあとなどリビングに必要なものは階段を使って運ぶことになります。
それを「適度な運動」と考えればプラスでもありますが、
特に、高齢になってくるとその負担を感じることが増えるかもしれません。

次に、水回りをどこに配置するのか。
水回りがすべて2階にあれば、家事をする人にとってはとても便利。
しかし、その分リビングの面積は狭くなります。
そのため2階リビングの場合、家事動線なども考えて水回りをどちらに配置するかの判断が必要です。

メリットを考えながら、注意点も考慮した住まいづくりを。
2階リビングを検討する際も、ぜひ細田工務店のスタッフにご相談ください。

 

 

ペットにも飼い主にも快適な住まいを考える

こんにちは、細田工務店です☆

一戸建ての住まいを!という方の中には、
家を持ったらペットを飼いたい!」という方が多くいらっしゃいます。
特に最近は、家族の一員として家の中で飼う方が増えているので、
家づくりの際には、内装にもペットのことを考えた対策が必要です。
実は、人にとって快適な空間が、必ずしもペットにとって快適とは言えないのです。

ペットに優しい床材とは?
まず、ペットにとって床材選びは重要。床材の中には、滑りやすいものなどペットの足腰に負担のかかるものもあります。そのため、足腰への衝撃が少なく、滑りにくい床材を選びたいところです。
飼い主にとっても床は、ペットの毛や唾液、尿やフンなどで汚れることがありますし、爪による床のキズにも注意が必要。掃除がしやすく汚れが付きにくい素材を選ぶ必要があります。

クッションフロア
クッションフロアは、耐久性に優れたビニール素材でできた床材です。クッション性があるので、ペットの足腰への負担を和らげます。掃除もしやすく、尿やフンなどの汚れも水拭きで簡単に落とせます。

コルクタイル
コルクタイルとは、コルクの皮を使用した床材で、衝撃や音に強いという特徴を持っています。コルクには気泡が中に入っているので、ペットがジャンプしたときでも衝撃を吸収できます。また音も吸収できるので、犬の鳴き声などによる騒音を防ぐことが可能です。


壁材のペット対策
猫やウサギなどのペットは、「爪で壁をひっかく」、「歯で壁を削る」といった行為をします。壁も耐久性のある素材を選ぶことが必要です。また、ペットのニオイ対策も重要なポイント。消臭機能や脱臭機能の付いた壁紙がありますので、ペットを飼う方はぜひ検討したいものです。
また、室内でペットを飼う場合は腰壁」を設置するのもオススメです。
腰壁とは、腰程度の高さの壁で、パイン材や樹脂製のパネルといった耐久性のある素材で作ることで、壁紙の汚れやキズから守ることができます。また、腰壁とその上の壁紙の組み合わせによって部屋をおしゃれに演出することもできます。


いくつかご紹介しましたが、これらの対策は新築はもちろん、リフォームでも検討したいもの。
現在ペットを飼っている方も、住まいの環境がペットにとって快適なものか、チェックしてみてください。

飼い主だけでなくペットにとっても快適な生活が送れる住まいをぜひ検討してください。

 

 

階段周りを、機能的にオシャレに演出する

こんにちは、細田工務店です☆

2階建ての住まいでは必ず必要になる「階段」。
面積の限られた中で家を建てる際には、この階段のレイアウトはとても重要
合わせて、階段によって生じる「使いにくい空間」をどう工夫して活用するかもプランのポイントです。

例えば、階段下の斜めになった部分にカウンターを設置して、
椅子を置いたら立派なワークスペースに
デスクの部分にはそれほど高さが必要ないので、
仕事や家事、お子さまの勉強に使えるスペースが出来上がります。

階段の壁面に棚を設置すれば、インテリアを楽しめる飾り棚や
階段ライブラリーとして活用可能。
少しの幅をうまく使うことで、収納力や暮らしの楽しさもアップします。

階段をスケルトンにすれば、窓を活かした光を取り込める空間になりますし、
階段下の空間に観葉植物などを置くことも。
「階段をどこに設置するか」プランのバリエーションも広がります。

収納スペースにすることも多い階段下のわずかなスペースを、
ペットのための空間にするのも効果的な使い方。
他には、ルンバの収納スペースにというのもありですね。
共通するのは「高さが必要ないものは何?」ということ。
ちょっとした空間でも無駄にせず、快適な住まいにしたいですね。

 

 

キッチンのレイアウトで失敗しないために

こんにちは、細田工務店です☆

キッチンのレイアウトを考えることは、調理スペース内の家事動線を効率的にする目的があります。
特に最近は、夫婦二人で、お子さまと一緒に、などキッチンに二人以上が立つ家庭も増えてきました。
キッチンのスペースをどう確保するか、しっかり考えておきたいですね。


キッチンの通路幅の目安

キッチンの通路幅の目安は90cm~120cmと言われています。
2人以上で頻繁に調理する場合は、すれ違うことも考慮に入れて、100cm以上の通路幅があると便利でしょう。
冷蔵庫を設置した部分は、冷蔵庫前のスペースが狭くなるので注意が必要です。


ワークトライアングルを意識する

移動距離を短く、家事を効率的にするためには、ワークトライアングルという考え方が参考になります。
「ワークトライアングル」とは、シンク・コンロ・冷蔵庫の3カ所を線で結んだときにできる三角形の動線をいいます。この3辺の距離が長いと、調理作業におけるムダな動きが多くなるといわれています。
逆に、短くなりすぎると収納や作業する際のスペースが不足することもあるでしょう。また、ワークトライアングルは正三角形に近いほど作業動線が良いといわれています。
コンロ・シンク・冷蔵庫の3つは、キッチンにおいて頻繁に利用するものです。この距離が均等にあることで動線がスムーズになり、調理をする際にもムダな動きを軽減できます。


冷蔵庫のレイアウト

その一方で、冷蔵庫の位置には別の配慮も必要になってきます。
冷蔵庫は家族全員で使うことが多く、調理中でない時も使用します。そういった家族の動線を重視するなら、冷蔵庫は可能な限りキッチンの入り口付近に配置し、調理中の人の邪魔にならないようにするのがポイントです。

 

 

お子さまの成長とともに大混雑する洗面所を考える

こんにちは、細田工務店です☆

朝、家族と洗面所を使うタイミングが重なりませんか?実は、この問題、家族が増えるほど、お子さまが大きくなるほど深刻になっていきます。
お子さまは成長とともに電車通学など遠くの学校に通う可能性が高まり、ご両親と家を出る時間も変わらなくなってきます。
加えて中高生にもなると身だしなみに時間がかかるようになります。

そこで、対策その1
ダブル洗面で朝の渋滞緩和を図りませんか?
当たり前のことですが、二人並んで使える洗面所なら渋滞も半分になります。
大人一人に必要な幅は約600mmと言われています。つまり幅1200mm以上のスペース二人並べる幅の鏡二人で使える洗面ボウルがあれば毎朝の洗面所渋滞が劇的に緩和されます。
先々を考えて住まいをプランすることはとても大切です。

対策その2は、セカンド洗面。

セカンド洗面とはその言葉通り、家にある2つ目の洗面スペースのことです。
セカンド洗面は脱衣所にある洗面スペースとは別に、トイレ横や二階の廊下、玄関横などにコンパクトサイズの洗面台や洗面ボウルを設置します。
洗面台や洗面ボウルが家に2つ以上あることで、家の中を無駄に歩く必要がなくなり、家の中での動線がよくなります。

玄関に
玄関に洗面台を設置すると、帰宅時にすぐに手を洗うことが出来ます。特にお子さまがいる家庭には、手洗いやうがいを習慣化させるのに役立ちます。

2階にも
2階に2つ目の洗面台を設置することで、わざわざ1階に降りる必要がなくなります。例えば、2階の掃除をするときに、1階に降りて水を汲みに行かなければいけませんが、その時間や手間もなくすことができます。

寝室に
寝室に洗面台を設置するご家庭もあります。洗面台を寝室に設置することで、パウダースペース用に利用することが可能となります。寝室のドレッサーでお化粧をする方は、小さな洗面ボウルを設置して、手洗いができるようにすると便利です。

コロナの影響もあって、最近は家に2台目の洗面を設置するご家庭も増えていますが、
セカンド洗面にはその他にもさまざまな効果があります。
住まいづくりの際は、ライフスタイルに合わせて検討してみてください。