〈家を長持ちさせるメンテナンス〉 大切な外壁のお手入れ

こんにちは、細田工務店です☆

風雨や直射日光から住まいを守ってくれる外壁。定期的な点検とお手入れ、適切なメンテナンスで、お住まいを長持ちさせましょう。
今回は、外壁の素材別にお手入れのポイントを解説します。


●サイディング壁のお手入れ
同一規格で製造された板状の外壁材の総称で、窯業(セメント)系、金属系、セラミック系などがあります。セメント質と繊維質を主な原料とした窯業系は防火性・施工性・意匠性に優れ金属系は断熱性や遮音性に配慮した複合パネルが主となります。

>日常のお手入れ
汚れは、塗膜にキズがつかないよう、やわらかいブラシやモップで水洗いします。落ちにくい汚れは、中性洗剤をぬるま湯で薄めたもので洗い、洗剤成分はしっかり水で洗い落とします。金属系は吸湿性が低いため、簡単な水洗いで汚れは落ちますが、表面にキズがつくとさびの原因になるので注意しましょう。


●モルタル壁のお手入れ
モルタル仕上げは、仕上がりの美しさから外壁で多く用いられています。モルタルを塗った上から、吹きつけタイルやリシン(砂粒状の塗料)などで仕上げ塗装をしています。モルタル壁は、その性質上、乾燥収縮によるひび割れが生じやすく、これを完全に防ぐことは困難です。しかし、ヘアクラック(毛髪程度の細かいひび割れ)程度ならば、下層に貼られた防水シートや耐水合板などの防水層があるので心配は要りません。

>日常のお手入れ
モルタル壁に雨水などが跳ね上がって汚れた場合は、表面を損傷しないようにやわらかいブラシなどで水洗いします。また、特に北側壁面のカビやこけなどの汚れは要注意です。カビやこけの発生場所は水分が多くジメジメしているので、冬の朝などに水分が凍結し体積が膨張して、ひび割れにつながる恐れがありますので注意しましょう。


●タイル貼り壁のお手入れ
タイルは板状の陶磁器質の建材で、耐候性・耐水性・防水性に優れ、古くから建築物の内外装として使われてきました。タイル貼りは、一般にモルタルを塗った上に仕上げ材としてタイルを貼る湿式工法、構造用の合板の上に防水シートを貼って、さらにパネルを取り付け、そこにタイルを一枚一枚引っかけて貼る乾式工法の2つの方法があります。

>日常のお手入れ
汚れた時は、タイル材を傷つけないようなブラシやモップで水洗いします。乾式工法の場合、目地のモルタルにひび割れが生じると、下地のパネルに雨水が侵入し、腐食することがあるので注意しましょう。また湿式工法の場合、大きな割れを放置したままにすると、下地のモルタルがはがれ、建物の耐久性に影響するので、早めに補修しましょう。


●板張り壁のお手入れ
ヒノキや杉、ラワンなどの板に、ワニスやオイルステイン、オイルペイント(ペンキ)などで塗装した板を貼って仕上げた壁です。自然材質なので、天候や温度、湿度などの環境変化の影響を受けやすく、雨水や湿気で腐らないよう、なるべく乾燥した状態を保つようにしましょう。一方、夏場などに日光が当たり過ぎると色あせや色落ちが進むので、簾やよしずなどで日光を遮る工夫も必要です。

>日常のお手入れ
気になる汚れは、乾いたタオルやハタキなどで埃を落としてから、住宅用洗剤を水で薄めた液に雑巾を浸し、軽く絞って壁全体を均一に拭きましょうこすり過ぎると色落ちや変色の原因になるので、注意しましょう。汚れが取れたら、固く絞った雑巾で洗剤をしっかり拭き取ります。


住まいの顔でもある大切な外壁。汚れやひび割れを放っておくと、雨水の侵入や建物の腐朽・劣化の原因となり、外観の見栄えも悪くなります。普段から外壁の周囲は、植え込みをこまめに刈り込んだり、物を置かないようにしたりして、風通しをよくしコケやカビを見つけたら、すぐに落とすようにしましょう。定期的な点検とお手入れを忘れずに行いましょう。


下記では、「住まいのお手入れガイド」をダウンロードいただけます。
こちらもぜひ参考にしていただき、快適な住まいをキープしてください♪
https://www.hosoda.co.jp/common/new/pdf/after/guide.pdf

 

 

〈家を長持ちさせるメンテナンス〉 クロスのお手入れ

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、部屋の雰囲気づくりに欠かせない天井のお手入れについて。
壁と天井は同一の素材を使用することが多く、ビニルクロス貼り、布クロス(織物壁紙)貼り、板張り・化粧合板張りなどがあり、素材の特徴に合わせたお手入れ・汚れの落とし方があります。
その中から、クロスのお手入れについてポイントを解説します。

壁は、ホコリなどの黒ずみ以外にも、子どもの手あかやクレヨン、ペットによっても汚れてしまいます。また、天井も、意外とホコリがつきやすく、知らないうちに汚れてしまいます。素敵な部屋を維持するために、壁と天井のお手入れのコツを覚えましょう。
壁・天井は面積も大きく、普段はなかなか手をつけられず後回しになりがちな場所。大掃除のこの時期に、家族みんなで協力してお手入れしてみてはいかがでしょうか?


●ビニルクロス貼り壁のお手入れは?
ポリ塩化ビニルを主原料とする壁紙のことを「ビニルクロス」もしくは「ビニル壁紙」といいます。ビニルクロスは、水拭きができ、汚れを比較的簡単に落とすことができますが、貼り合わせ部分に水が入ると、はがれの原因になりますので、水拭きは、固く絞った雑巾で行います。

>日常のお手入れ
普段のお手入れは、表面の汚れをはたき、掃除機などでむらなく掃除します。
手あかなどの落ちにくい汚れは、住宅用洗剤を薄めたぬるま湯を含ませた布(それでも落ちにくい汚れには、その布でたわしをくるんだものや、使い古して先が丸くなった歯ブラシ)で軽くこすって拭き取った後、水で固く絞ったきれいな布で拭きましょう。
また、メラミン樹脂を原料としたスポンジに少量の水を含ませて軽くこすっても、汚れはよく落ちます。その際、すぐにスポンジの表面が汚れるので、つねにきれいな面で拭くように気を付けましょう。

●布クロス(織物壁紙)貼り壁のお手入れ
織物(もしくは不織布・フェルト・編物など)を紙で裏打ちした壁紙です。
自然素材ならではの調湿性、通気性に優れ、結露が発生しにくいという特徴があります。
最近は、撥水加工されたものもあり、お手入れしやすいものが多くなっています。

>日常のお手入れ
ホコリがつきやすいので、表面の汚れをはたき、掃除機などでむらなく掃除します。
少々の汚れは、消しゴムや食パンでこすると落とせます。手あかなどがついた時は、住宅用洗剤を薄めたぬるま湯を布に含ませ、上から叩くように拭き取り、表面を傷めないように注意しながら、仕上げに乾いたきれいな布で拭きます。水拭きは、汚れが染み込んでしまうことがあるので気を付けましょう。


下記では、「住まいのお手入れガイド」をダウンロードいただけます。
こちらもぜひ参考にしていただき、快適な住まいをキープしてください♪
https://www.hosoda.co.jp/common/new/pdf/after/guide.pdf

 

 

〈家を長持ちさせるメンテナンス〉 フローリングのお手入れ

こんにちは、細田工務店です☆

すっかり寒さを増した12月。大掃除の時期がやってきました。
年に1度と意気込んでやってみたものの、なかなか落ちないしつこい汚れに苦労した、なんてことはありませんか?
住まいは、日頃のお手入れが大事。
そこで今回は、フローリングのお手入れについてお話します。


自分でできる日頃のお手入れが大事
日常生活で必ず接する床。普段のお手入れが床を長くきれいに保ちます
汚れやシミも、すぐに落としておけば、長く使い続けられことができ経済的です。毎日のお掃除をはじめ、汚れやシミひどくなる前にまずは自分でこまめなお手入れを心がけてみましょう。

板張り床(フローリング)のお手入れの基本
木材はその性質により、水分を吸収・放出する調湿機能がありますが、その際には伸縮も伴うため、乾燥収縮の繰り返しによって表面の細かいひび、反りやすき間などを生じるおそれがあります。お手入れの際には、なるべく水を使わないようにしましょう。

汚れてしまった時は?
木質の床材に使用できる、中性もしくは弱アルカリ性の住宅用洗剤を薄めた液で濡らした雑巾を固く絞って汚れを拭き取り、きれいになったら、で濡らして固く絞った雑巾で洗剤分を拭き取り、さらに乾いた布で水分を十分に拭き取ります。

ワックス掛けはどのように?
擦り傷・シミの予防には、定期的なワックス掛けが有効です。転倒防止のため、必ずすべり止め剤入り木質床用ワックス(ニス塗り木質床用、塗装木質床用と表示されたもの)を使用しましょう。
ワックスを全体に塗ったら、完全に乾燥するまでは窓を開け、風通しをよくしましょう。乾燥時間は、力ラッと晴れた日で、冬:1時間、夏:30分程度が目安です。

これも大事!シミの原因になる水分を染み込ませない
木質床材の継ぎ目や表面塗装が劣化した部分から水が染み込むと、表面材の割れやはがれが発生します。水・コーヒー・醤油などをこぼしたら、乾いた雑巾などですぐに拭き取りましょう。


※ご注意
ワックスは、商品説明書を確認し、適したものを選び、全体に塗る前に目立たない部分に塗って、変色などが起きないことを確認しましょう。
また、ワックス不要の木質フローリング材もありますので、フローリングの仕様・性能を確認しましょう。


下記では、「住まいのお手入れガイド」をダウンロードいただけます。
こちらもぜひ参考にしていただき、快適な住まいをキープしてください♪
https://www.hosoda.co.jp/common/new/pdf/after/guide.pdf

 

 

リビングに子どもの勉強する場所を

こんにちは、細田工務店です☆

前回こちらのコーナーで、人気の子ども部屋のデザインをご紹介させていただきました。
ところでお子さんの勉強場所は、どこですか?

勉強の習慣をつける大変さは、
お子さんがいらっしゃる家庭であれば多くの方が経験していると思います。
お子さんの勉強を習慣にするために家づくりからできることは何でしょうか?


東大生を対象にした「子どもの頃の勉強場所」に関するアンケート調査では、
リビングで勉強していた」という回答がダントツで多く
家族のそばの方が落ち着いて勉強に打ち込める理由を
「息抜きをしたい時には家族との会話でリラックスができるため勉強がはかどる」と説明しています。

アメリカで行われた研究によれば、宿題のチェックや学校の様子を聞いたりなど
親が子どもの学校生活に深く関わっているほど、子どもの学力が高まるという結果が出ていて、
親との会話は子どもの学習能力に影響を与えていることがわかります。

常に物音がするリビングやダイニングでは気が散ってしまうのではないか、
と心配する方もいるかもしれません。
でもみなさん、コーヒーショップで勉強や仕事をすると集中できる、という経験はありませんか?
これは、店内で聴かれる雑音の音量くらいの適度な音がある方が
集中力が増し思考力もアップするからと言われています。
また、共有スペースでは他人から見られていることで、
やる気仕事の質・量、そしてスピードなどのパフォーマンスが変化する
観客効果」が起こりやすいためとも言われます。

適度な緊張感と共に自然とやる気が湧いてくるなど、これは個室にはない共有スペースならではのメリット。リビングやダイニングでの学習は、お子さんの集中力アップにつながるようです。

親と一緒にリビングで過ごすことや、親の姿が見える場所で勉強することは、
お子さんにとってもプラスの環境と言えそうですね。

細田工務店がご提案する、リビングサイドのフレキシブル空間LATO」は、
そんなテーマにぴったりのスペース。
リビング学習や趣味コーナーなど多目的に使える空間をご提案しています。
ぜひ下記ホームページをチェックしてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/growing/lato/

 

 

[間取り検討のヒント] リビングダイニングのサイズの目安を知ろう

こんにちは、細田工務店です☆

お客様の望む暮らしを叶える住まいを、お客様と一緒に作り上げている細田工務店。
きっとみなさんも、どんな住まいにしようかと夢を膨らませていることと思います。
そんなプランニングの参考に、間取り検討のヒントになる情報をお伝えしていきたいと思います。

今回は、リビングダイニングのサイズについてです。

キッチン、ダイニングテーブル、そしてソファなどがある寛ぎのリビング。
それらを、動線がスムーズになるようにゆとりをもって並べてみると、
シンプルなパターンとしては図のような感じになるでしょうか。

この広さ、わかりやすく置き換えるとおよそ19畳ほどになります。
こんな基準があると、「もっと広くしたい」とか「コンパクトにして他にスペースを使いたい」とか
ご自分のスタイルに合わせていろいろと考えられますよね。

いかがですか?
ご家族それぞれで暮らし方は変わりますし、
いまの置き方によってもレイアウトが変わるかと思いますので、
ぜひ参考にしていただければと思います!

 

 

細田のリフォーム [テレワークリフォーム&おうち時間リフォームを]

こんにちは、細田工務店です☆

昨年から始まった新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、みなさんはテレワークが増えたり、おうちで過ごす時間が増えたりと、これまでと違う日常に戸惑うことも多かったと思います。

でもそれも日常化してきていて、これからは
「しなければいけない」から「したくなる」という考え方に変えて、
暮らしを楽しむことを考えていきませんか?
そこで細田工務店では、
テレワークの空間作りやおうち時間を楽しくするための
リフォームに最適なメニューを幅広くご提案しています。

今回、その中でもオススメのメニューを集めました!

仕事スイッチのON/OFFが上手に切り替えられる!
快適なおうち時間を過ごせる!
そんなリフォームをしませんか?

例えば、お部屋の一角にワークデスクを設置する。
ON/OFF切り替えのため、室内に仕切りをつくる
おうちごはんが増えたので収納力抜群のキッチンに。
この機会にぜひ、ご検討ください。

リフォームメニューの詳細は、下記にてご確認ください。
https://www.hosoda.co.jp/info/info_reform/37550.html

 

 

「住まいの購入」のポイントを学ぼう!〈周辺環境チェック編〉★

こんにちは、細田工務店です☆

マイホームの購入は、多くの方にとって初めての経験となる一大イベント。
さまざまな不安があるみなさんに、住まいの購入に関して「知っておくべきこと」をご紹介しているこの企画。
今回は、周辺環境のチェックについてお話したいと思います。


住まいは環境で買う、とも言われています。

何カ所も見学し、気に入った住まいに出会うと、すぐにでも購入を決めたくなりますが、買い物、病院、子育て環境など、生活の基本となる周辺環境を確かめる必要があります。今回は購入を決める前にするべき周辺環境のチェックについてお話しします。

周辺道路や交通の便について確認する
家から最寄り駅まで徒歩の場合は、昼間だけでなく夜の状況も確かめたいものです。できれば実際に歩いて、街灯や人家の明るさなどをチェックしてみると安心ですね。小さいお子さま連れの方やご高齢の方にとっては、道の段差や、駅構内のエレベーター設備の確認も大切です。
周辺道路の混み具合は、平日と休日でどう変わるか?朝・夕・夜ではどうか?渋滞はあるか?交通量や騒音についても確認してみましょう。

買い物の環境を調べる
食料品や日用品を扱うお店が、歩いて行ける場所にあると便利です。利用者の視点にたって、価格、鮮度、品目、営業時間などを確かめてみましょう。
商店街やスーパー以外にも、コンビニやドラッグストア、ホームセンター、家電量販店なども、どの位の距離に何があるか調べてみましょう。

子育て・教育環境も大事なチェックポイント
まずチェックポイントとしては、公園などの子どもが遊べる場所。小さいうちはお子さんを連れたお散歩が毎日のルーティン。できれば歩いていける場所が数カ所あると、退屈しなくていいですね。
地図で見るだけでなく実際に行ってみて、お子さんたちが遊んでいる様子など見ておくといいでしょう。
次に学校。幼稚園、小学校、中学校との距離や安全性を確認しましょう。
通学路は実際の時間帯に歩いてみて、防犯上や交通安全上の危険がないかを調べてみてください。また、年齢によっては様々な習い事や、塾などの有無も気になるところです。


行政機関や医療施設も重要です
役所(出張所)や保健所のほか、文化・教育・スポーツ・娯楽といった部分ではコミュニティホールや図書館、運動施設などがあります。最近では、ランニングコースやサイクリングコース、さらには愛犬家のためのドッグランなど、さまざまなニーズに合わせた施設も整備されてきています。
また病院は、お子さんが小さいうちはできるだけ近くにあった方が安心。歯科、内科小児科、救急や休日対応の総合病院などがどこにあるか、何分くらいかかるかなどチェックしましょう。


わからないことがあれば、いつでも現地の販売担当者に声をおかけください。
担当者は自分自身が住むつもりで周辺環境を調べています。

細田工務店のホームページでは、
それぞれのステップごとに必要となる知識・知っておくとためになるポイントをわかりやすくご説明しています。
下記のコーナーをぜひ参考にしてみてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/growing/special/schedule/

 

 

「住まいづくり」のポイントを学ぼう!〈家づくりにかかる費用編〉

こんにちは、細田工務店です☆

憧れのマイホームづくりには、資金計画や土地探し、建物のプランづくり、契約や各種手続き、実際の工事など、さまざまなステップがあります。

その中でも、お金に関する部分何より気になるところではないでしょうか?

今回はこの「家づくりにかかる費用」について触れてみたいと思います。

理想のマイホームも、予算と折り合いがつかなければ実現できません。

まずは、家づくりにかかる費用をきちんと把握して、無理のない資金計画を立てましょう。

家づくりにかかる費用は、「総建築費」と「その他の費用」に大別できます。

総建築費というのは、建築会社に支払う費用のことで、建物を建てるためにかかる費用(本体工事費)と、それに付帯する費用が含まれます。

その他の費用としては、引っ越し・仮住まい費用、エアコンや照明、家具代などがあります。

 

まず、総建築費の内訳は・・・。

建築本体工事費
建物の躯体を建築するのにかかる費用です。(一般的に坪単価といわれているものは、この費用を建物の坪数で割った価格になります)

基礎・土台・柱・梁・屋根・外壁・サッシ・建具・キッチンや浴室などの設備機器、電気工事、その他足場や工事の安全に関わる仮設費用などが含まれます。

付帯設備工事費
建築躯体工事以外の費用のうち、建物外のライフラインに関する工事のことです。 水道引き込み工事、給排水設備工事、ガス配管工事などになります。

その他工事費
建築躯体工事以外の費用のうち、敷地条件などで大きく費用が変わる項目です。外構工事・解体工事・地盤改良工事などがあります。

諸費用
敷地の測量調査費用・建築確認申請費用・設計費・工事監理費・契約時印紙代・登記費用・固定資産税・火災保険などがあります。

その他の費用
直接の工事費用ではないので、忘れがちになりやすい部分です。引っ越し代、仮住まいの家賃、駐車場代などがあります。

また、エアコン、カーテン、家具代なども別途かかりますし、古い家具や電気製品の引き取りにも料金が発生します。

 

まずご自身の用意できる資金を把握し、建築会社に予算を正確に伝えましょう。

大切なことは、「坪単価に惑わされず、内訳をしっかり確認すること

細田工務店では、家づくりに関わる費用について、納得のいくまでご説明しお手伝いします。

 

細田工務店のホームページでは、

家を建てる際の流れに沿って、それぞれのステップで必要な知識・ポイントなどをわかりやすくご説明しています。

下記のコーナーをぜひ参考にしてみてくださいね♪
https://www.hosoda.co.jp/build/special/schedule/

 

 

あけましておめでとうございます! 2020年の細田工務店★

新年、あけましておめでとうございます!細田工務店です☆

2020年、細田工務店は73年目を迎えます。

1947年の創業以来、永く住み継がれ、ご家族がずっと笑顔で暮らせる住まいを、という想いで住まいづくりと向き合ってまいりました。

今年もたくさんのご家族の笑顔と出会えることを楽しみに、一邸一邸、心を込めた住まいづくりに取り組んでまいります。

2020年も変わらぬ想いで、1月6日より営業をスタートしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

都市型住宅の新プロジェクト、進行中!★

こんにちは、細田工務店です☆

72年の歴史の中で、住宅マーケットに数々の新しい取り組みを発信してきた私たち。実は現在も、“これからの時代の住まい方”を提案する、新しい都市型住宅の開発に取り組んでいます。

 

世の中で言われるように、ライフスタイルが多様化すると共に家族の形態も変化し、世帯人数が2人という暮らし方が増えてきています。現に東京都では、全670万世帯のうち約1/4にあたる161万世帯が2人世帯となっています。

DINKS(お子さまのいない共働き夫婦)や子育てを終えたシニアなど、“2人暮らしが増えている現代。しかし戸建ての建て売りの分野では、夫婦+お子さま1~3人の世帯を「ファミリーとしてつくられた、広さ・間取りの住まいがほとんどというのが実情です。

 

2人なら、もっとコンパクトでいい。広さより、暮らしに合わせて変えられる自由度の高さや資産性など様々な価値を持った、都心で手に入れられるコンパクトな戸建てがあったら・・・。

私たちは日々様々なお客さまと接している中で、そんなニーズにお応えする住まいの必要性を強く感じ、「都市型住宅の新プロジェクト」をスタートさせました。

2019年4月、細田工務店の様々な部署からメンバーが集められ、今の時代に合った住まい方暮らし方に応える新しい住宅を!と動き始めたプロジェクト。

それから約半年、様々なアイデアが出され、検討・試行錯誤を重ね、いよいよプロジェクト第一号が誕生します!

 

マンションのミニマルな利便性と、戸建ての伸びやかな空間・独立性の良いところを取り入れた、まもなく公開される新提案。

細田工務店のチャレンジに、ぜひ注目してください♪