〈施工事例〉 敷地条件を生かした、光の降り注ぐ二世帯住宅

こんにちは、細田工務店です☆

今回ご紹介するのは、
木造 2 階建て建築延床面積 約 73 坪のお住まい。
玄関を別々にし、お互いの生活時間を気にせず生活ができる、独立型の二世帯住宅です。


【 ご両親世帯 】
まずご覧いただくのは、公園を借景にした、天井の高いリビングダイニングのご両親世帯。

蔵書がたくさんしまえる、こだわりの書斎。
客間・親子両世帯団らんと、多目的につかえる和室。
ソライオやストックルーム、パントリーなど
多彩な収納を備えた快適で機能的なお住まいです。

【 お子様世帯 】
そしてこちらが、小さなお子さんも走り回れる大きなリビングダイニングのお子様世帯。

玄関とキッチンとの 2way パントリーや、
二人の娘さんの共用ウォークスルークロゼットなど充実の収納。
主寝室サイドのリモートワークのための書斎など、
ご家族のライフスタイルに合わせたプランです。


この他、細田工務店が手がけた様々な事例は
下記でもご覧いただけますのでぜひ参考にしてみてください。
https://www.hosoda.co.jp/build/gallery/

 

 

〈事例ご紹介〉 ゆったりとした時間が流れる、夫婦二人の住まい

こんにちは、細田工務店です☆
今回は、私たちが手掛けた中から人気のBinOシリーズの事例をご紹介したいと思います。

こちらのお住まいは、平屋にロフトをプラスした、ちょうどいい広さのロフトハウス「LOAFER」。
開放感あふれる吹き抜けや自然の光と風を生かす設計で、どの季節も心地よく暮らすことができます。

片流れ屋根のスタイリッシュな外観を目にしながら玄関を入ると、
すぐ横の壁には一面の有孔ボード
インテリアを楽しんだり、お出かけアイテムをフックにかけたり
玄関スペースを演出できるアイテムです。

リビング方向に進んでいくと、出迎えてくれるのが空間のアクセントになっているアーチ型の開口
そのアーチをくぐるとリビング。自然の無垢材に囲まれた明るい空間が広がっています。

天井を見上げると、明るく開放感のある吹き抜け
高窓から差し込む光とシーリングファンのわずかな気流が、
リビング空間を心地よく包んでくれます。

そして、吹き抜けに向けた目線の先にはロフト空間
杉の羽目板張りが気持ちの良い空間を演出する秘密基地のようなスペース。
平屋+1の空間が、日々の暮らしに楽しみを加えてくれることでしょう。


この他、細田工務店が手がけた様々なBinOの事例は
インスタグラムでもご覧いただけますのでぜひ参考にしてみてください。
https://www.instagram.com/accounts/login/?next=/binofreeq_hosoda/

 

 

グローイングスクエア祖師谷アミュゼ」が「優良事業賞」を受賞!

こんにちは、細田工務店です☆

当社の分譲住宅「グローイングスクエア祖師谷アミュゼ」が、このたび、
一般社団法人全国住宅産業協会の「第12回優良事業表彰」で「優良事業賞」を受賞しました!
すでに完売となっているものですが、細田工務店の住まいづくりが評価いただいた事例として
みなさまにもぜひご紹介したくて、取り上げさせていただきます。

今回のプランでは、Withコロナ時代にあった住まい方提案と してテレワークスペース1階洗面台の採用等、細やかな提案を各邸に盛り込み、さらに全棟「東京ゼロエミ住宅仕様」・「認定低炭素住宅認定」を取得するなど環境への配慮も評価いただきました。

外観は、細田工務店の3つの外観スタイルの中から、
都会の街並みにマッチするシャープな都市型デザイン「ARDITO(アルディート)」を採用。

キッズコーナー、テレワークルームなど、フレキシブルに活用できる「LATO(ラト)」スペースのほか、家族構成の変化に合わせて壁を仕切ることが出来る2ドア1ルームプランを採用するなど、「部屋数を増やす」という発想を「部屋はライフスタイルに合わせてアレンジ する」という発想でプランニングしました。

そのほかにも工夫はたくさん!
高さのある木調の壁を使うことで、プライバシーに配慮されたアウトドアリビングが愉しめるワイドバルコニー空間
玄関ホールをスタイリッシュに演出するアクセントボード
お子様の学習や在宅ワークのスペース、アイロンがけやソーイングなど家事のワーキングスペースとしても活用度の高い、リビングダイニングに設けたスタディーカウンター

今回注目いただいた様々なプランは、今後のグローイングシリーズでも採用されていく取り組みです。
ぜひ、販売中の物件もチェックしてみてくださいね。
https://www.hosoda.co.jp/growing/

 

 

【リフォーム事例】 これからの暮らしのために、安心できる住まいへ

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、築35年の木造住宅をリフォームされた
O様の事例をご紹介します。

20年ほど前、交通の便もよく日常の買い物にも便利な立地を気に入られてご購入された、当時築15年の家。杉並の静かな住宅地に建つ、グルニエ(屋根裏部屋)のあるお住まいです。

今回のリフォームにあたってO様が最初に行ったことは、「10年後はこう暮らしたい、20年後はこう暮らしたい、退職後にはこんなふうに暮らしたい」という、未来の暮らしの計画でした。そして、そのために住まいをどうしておきたいかを考え、書き出していらっしゃいました。

現状から改善したいこととして上位に挙げていらっしゃったのが、階段勾配のキツさと家の中の寒さでした。そこで、玄関ホールにあった階段の上り口をリビングの中に移動してリビングイン階段とし、段数を1段増やすことで蹴上高さを低くして急な勾配を解消すると同時に、2階の寝室と1階のLDK・トイレをつなぐ動線が短くなるプランをご提案しました。

断熱については、布基礎だった床下一面にコンクリートを敷設して断熱材を装填することで足元からの冷えを解消し、壁についても断熱材を入れ、二重サッシや断熱サッシを採用するなどして断熱性能をアップさせました。

また、強度に不安を感じていらっしゃったLDKのコーナー出窓は撤去して、壁をはさんだふたつの窓とし、雨漏りが心配だとおっしゃるバルコニーも撤去して、屋根は全体をカバー工法で新しく仕上げました。
「リフォーム後は住まいの中がとても暖かくなり、エアコンの設定温度も低くてすむようになりました。ランニングコストやメンテナンスコストは最低限で済むようにと、建物自体の性能を上げる部分に費用をかけたことは正解でした」とお話しくださいました。

外観は近隣とのバランスを考え、塗装にはこれまでとほぼ同じ色をお選びになりました。
玄関ドアは新しくして、玄関の上にあった2階バルコニーを撤去、屋根はカバー工法できれいになりました。建付けが悪くなっていた門扉は撤去しました。
また玄関ホールは、ダークブラウンだった玄関扉をライトブラウンにしたことで明るい印象になりました。

L型だったキッチンは、I型に変更しました。奥さまが「最初は白にしようと思っていましたが、殺風景になりそうだったのでさわやかなこの色を選びました」とおっしゃる淡いペパーミントグリーンの扉が、LDKのアクセントになっています。
「以前はキッチン部分の床がLDより一段下がっていてホコリがたまりやすく、掃除もしづらかったのですが、段差をなくしたことで掃除も移動も、とても楽になりました」と奥さま。

こちらは2階。ベランダを撤去し、和室に洗濯物を干すスペースを設けました。階段の形状が変わったことでできてしまう段差をカウンターにしました。
「ものを置くのに案外使いやすいカウンターです。グルニエとの行き来もしやすくなりました」と奥さま。


【担当の熊澤康二から】
「ご夫婦でこれからの生活を考えたリフォームプランを準備されていたので、プラン打ち合わせはとてもスムーズに進めることができ、明るい、暖かい、動線のとれたプランをご提案することができました。O様に喜んでいただけたことが、なによりも嬉しく思います」


細田工務店のホームページでは、
このほかにも様々なリフォーム事例をお客様の声と共にご紹介しています。
下記もぜひご覧ください。
https://www.hosoda.co.jp/reform/gallery/

 

 

【リフォーム事例】 猫と一緒に気持ちよく暮らす、耐震フルリフォーム

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、4人の家族と3匹の猫が気持ちよく暮らすためのリフォームをされた
O様の事例をご紹介します。

ライフステージの変化にともない、今までの間取りが使いづらいと感じるようになったこと、成長されたお孫さんに個室が必要になったこと、そしてお住まい自体に傷みが出始めたことなどがありリフォームをすることを決めたO様。

リビングをなんとかしたい」とのお考えが一番のご要望でしたが、せっかくリフォームするならリビングだけではなく、大きくなったお孫さんに広い個室を用意するなど、家族みんなで使いやすいように住まい全体を見直そうと考えるようになったと言います。

また、以前玄関の周辺がシロアリの被害に遭ったことがあり、補修はしてもらったものの地震が来るたびにグラグラするという心配もあり、耐震工事も含めて全部きれいにしてもらおうと、フルリフォームを行うことになりました

まず、一番変えたかったリビング・ダイニング
以前のお住まいは、手前にキッチンとダイニングがあり、奥にリビングがありました。しかしLDKに入ってリビングへ行くのにダイニングを通るのが煩わしく、使いにくいと感じていたので、手前からリビング、ダイニング、キッチンとレイアウトを変更しました。

キッチンの大型収納は、扉の開閉時に猫ちゃんが中に入らないものを。
また、LDKから2階へと上がる階段の下のスペースに猫ちゃんたちのごはんやトイレを置くことにして、換気のための窓をつけました。
LDKの床はペットにふさわしいものを、壁のクロスには消臭効果があり、キズにも強いものを。壁の一部にはエコカラットを使用し、網戸は引っかきキズに強いものを選びました。
また3階の洋室には、猫ちゃんたちが遊べるように棚受けレールを取り付けて可動棚を載せています。3匹の猫ちゃんと気持ちよく暮らすための、たくさんの工夫が詰まっています。

 

アイボリーの壁に黒のアクセントがシャープな印象の外観です。


白を基調にまとめられた玄関ホールトイレと兼用の手洗いカウンターは、帰宅してすぐに手を洗うことができるので便利だとおっしゃいます。


奥さまが「壁面収納の2ウェイクローゼットが気に入って選びました」とおっしゃるキッチン。
その理由について「食器を出し入れする際は中段だけを開閉して使用することができ、大きな扉を開ける時も、下半分は引き出しになっているため、猫が入らないんです」と奥さま。
コーナークローゼットとの隣接設置は、造作工事で見切り壁を立てて納めています。


シロアリ被害と耐震工事

「以前の住まいを取り壊した際に、玄関側の柱が1本折れていたと伺いました」と奥さま。
柱が折れていた原因は、シロアリ被害と浸水によるものでした。
以前のO様のお住まいには、道路に面した壁沿いに建物の基礎とつながる花壇がありました。基礎に設けられた通気口は、花壇の土でふさがっていて湿気が抜けにくくなっていたこともあり、花壇から基礎へと浸水した水が、シロアリによる被害を受けた柱に溜まったままになっていました。
今回の工事で、被害を受けた柱は新しいものに交換し、地震による揺れを吸収するリフォーム用の制振壁を配置する耐震工事を行いました。
奥さまは「最近地震が続きましたが、以前の住まいのようなミシミシ音はなくなりました。以前の住まいのままでは不安でしたね。一部だけのリフォームで済ませず、本当に良かったと思っています」とお話しくださいました。

 

 

【リフォーム事例】 メンテナンスを重ねながら、永くこの家で暮らしたい

こんにちは、細田工務店です☆

今回ご紹介するのは、築30年を越えたお住まいを暮らしに合わせてリフォームするH様の家。
三角屋根のシンメトリーが印象的なこのお住まいは大手ハウスメーカーの設計施工による木造住宅で、34年ほど前、H様のご両親とH様ご夫婦が同居を始められた際に、母屋の一部を取り壊し中廊下でつながるH様ご夫婦のお住まいをおつくりになられたものです。
その後十数年が過ぎた頃、お知り合いの大工さんに依頼して外壁を杉板張りにリフォームされました。

それから20年近く経ったある日の大雨の後、壁に染みが出ていることに気づかれたH様。建築後一度も直していなかった屋根からは、以前、台風の後に瓦が落ちたこともあったので、外壁と屋根の修繕を検討。細田工務店にご依頼いただくことになりました。

最初にご依頼のあった外壁屋根については、外壁は杉板を撤去してから雨水の壁への浸透をできるだけ防ぐために全ての釘穴をシリコンで埋め、樹脂モルタルを塗り、仕上げの塗装をしました。
屋根については、既存の屋根に新しく屋根をかぶせるカバー工法で工事を。加えて、工事について打ち合わせを行う中でH様から伺ったいくつかのお困りごとについても解決策のご提案をさせていただき、追加の工事をご依頼いただきました。

上の写真が、リフォーム前。ふたつ並んだ三角屋根が印象的でした。
下の写真が、リフォームで明るくなったH様のお住まい。奥さまが大好きだとおっしゃる三角屋根のフォルムが美しく、際立つようになりました。

1階のウッドデッキ新しいものにリフォーム、2階のバルコニー塗り替えとトタンの架け替えを行いました。
玄関ポーチとの間に空間があった1階のウッドデッキは、足元の安全や使い勝手を改善するため玄関ポーチまで広げることをご提案。サイズの変更に合わせて、土台工事も行いました。

カバー工法でリフォームした屋根(写真左)。既存の屋根に防水シートを貼り、その上に専用の屋根材をかぶせて仕上げています。
広くなってすっきりしたウッドデッキ(写真右)は、「室内の植物を日に当てるための椅子を置いていますが、これからはコーヒーを愉しんだりすることもできそうです」と奥さま。

H様のお住まいは、中廊下で行き来ができるようになっている母屋と隣接しています。母屋はH様のご生家です。母屋の縁側の壁にも、雨漏りによるものと思われる染みがありました。傷んだ部分の壁を修繕し、雨樋を交換しました。


かねてから、「建替えるのではなく、メンテナンスしながら暮らしていこう」とお考えだったというH様ご夫婦。住み慣れた住まいで暮らすことが何よりと、大切な住まいのために少しずつ手を入れていこうと計画されています。

今回H様からは、
「工事をお願いするきっかけとなった外壁と屋根以外にも、色々と直していただいて助かりました。明るくきれいな仕上がりに大変満足しています。広くなったウッドデッキでは、庭を眺めながらお茶の時間を愉しむことができそうです。落ち着いたら、母屋の居間のリフォームをお願いしたいと思っています」
と喜んでいただきました。


この他、細田工務店が手がけた様々な事例は
下記でもご覧いただけますのでぜひ参考にしてみてください。


https://www.hosoda.co.jp/build/gallery/

 

 

ご実家を建替えて、二世帯で暮らす住まいへ♪

こんにちは、細田工務店です☆

今回は、奥さまのご実家である築60年ほどの木造住宅を建て替え
二世帯住宅の事例をご紹介します。

ネイビーを基調にした外壁に、赤いドアがアクセントになった外観。
扉を開けると、白を中心とした内装に赤い扉が映える、明るい印象の玄関ホールが迎えます。
大型の玄関収納が、スッキリとした玄関の演出に役立っています。

 

ご両親が住む1階のプランは奥様のお父様が、2階のプランについてはご主人が中心になって考えをまとめたこちらのお住まい。
まず1階については、当初は内装の仕上げ材に木や石といった自然素材を使いたいと考えていらっしゃいましたが、様々な条件から難しかったため、折り上げ天井や木調の梁、タイル、障子などを取り入れた、長年使っている民藝の家具に合う内装をプランしました。

折り上げ天井木調の梁正面客間の障子が印象的なLDK。右手前の壁面は、外壁にも使える質感のよいタイルを貼りました。お手持ちの家具に合わせて、内装をコーディネートしています。
客間出入り口の障子は、現代の住まいと民藝の家具をつなぎ、LDK全体をモダンに落ち着かせています。奥に進むと、洗面室と浴室があります。

 

ペニンシュラ型のシステムキッチンには、ダークブルーの鏡面扉をお選びになりました。食器戸棚も同色で揃え、LDKのアクセントとして統一感と広がりを感じる空間になっています。

 


2階については、将来的に仕切って2室にできる子供部屋リモートワークのできる書斎、シューズインクローク、ウォークインクロゼットの設置をご希望。
また、全ての居室がLDKと直接行き来できるように。主寝室とウォークインクロゼットに、LDKに通じるドアと洗面化粧台のある玄関ホールに通じるドアのふたつを設けたことで、2階全体が回遊動線になりとても暮らしやすい空間になっています。

まずご覧いただくのは、2階の玄関ホール。コート掛け、シューズインクローク、ウォークインクロゼットをまとめてレイアウトしています。
ご夫婦のご希望で扉をつけず、開口部をアーチ型にした大容量のシューズインクロークは、収納するものが変わっても、それに合わせて奥行きの違う棚板を入れ替えたりすることもできるようにしたもの。ベビーカーやゴルフバッグも楽々収納することができます。
奥さまのご希望だった大容量のウォークインクロゼットには、家族全員の衣類を収納することができます

 

こちらは2階LDK。左手奥には、現在リモートワークで使用されている書斎があります。
壁厚収納は、リビングで使用する文房具などを収納したり、子供の連絡ノートを書いたり、ちょっとした作業をするのにとても便利です。

 

洗面化粧室は、以前は一人が使用していると他の人が使えなくなってしまう『脱衣室兼洗面室』であったため、それぞれ別々の空間にしたいと考え、浜田山モデルハウスの洗面化粧台をご覧になられて同じようなプランを、とご要望いただきました。

 

そして、15畳ほどの広さがあるソライオ
横長の窓を設け、採光と通気を確保した明るい空間です。


この他、細田工務店が手がけた様々な事例は
下記でもご覧いただけますのでぜひ参考にしてみてください。
https://www.hosoda.co.jp/build/gallery/

 

 

〈事例ご紹介〉 ゆったりとした時間が流れる、夫婦二人の住まい

こんにちは、細田工務店です☆
今回は、私たちが手掛けた中から人気のBinOシリーズの事例をご紹介したいと思います。

お子様が独立され、夫婦ふたりで暮らしていく住まいを検討していたK様。
そんなご夫婦が選ばれたのが、スキップフロアで暮らしを愉しむ住まい〈BinO〉でした。
どんな住まいが誕生したのか、担当営業の石井に解説してもらいます♪

【担当者が語るポイント】 石井大将

私が最初にK様にお会いしたのは、モデルハウスへご来場いただいた際。ご夫婦が描かれていたイメージBinOにぴったりだとご縁を感じたのが始まりでした。
ログハウスや古民家のような落ち着きと開放感、無垢材がふんだんに使われている室内に、K様も木に包まれている居心地のよさを感じていただいたようでした。

プランを見ていくと、まずポイントはビルトインガレージ。さらに隣接する半地下のインサイドストッカーをご主人の書斎にアレンジし、お車を眺めることのできる窓をふたつ設けました。
天井高さは2mですが、梁見せ天井と窓の視覚効果で圧迫感のない仕上がりになりました。

こちらの写真は、LDKから0.5階上がっているセカンドリビングと、同じフロアにあるウォークインクロゼット
扉を設けず、アーチ状の開口にすることで無駄な扉をなくしスムーズな動線と目線の広がりを感じられる空間にしました。

無垢材をふんだんに使ったLDKのリビング部分には、採光のために高い位置にふたつのを。日中はLDKにたくさんの光が差し込み、夜は星を見ることができます。
セカンドリビングの西側に設けられた窓からの光は、0.5階下がったLDKにも届きます。壁を設けず、レベル差で緩やかに区切った室内には、4方向から光が差し込みます。

「これから夫婦二人で暮らしていく住まいは、子供を育てていた頃のような明るく華やかなものではなく、のんびりゆっくり暮らすことのできる落ち着いたものにしたい」とおっしゃっていたK様の住まいづくり。
実際に完成したお住まいは、室内も外観も木のぬくもりが溢れ、赤いお車が映えていてとても素敵でした。


この他、細田工務店が手がけた様々な事例は
下記でもご覧いただけますのでぜひ参考にしてみてください。
https://www.hosoda.co.jp/build/gallery/

 

 

Instagramでも注目!暮らしを快適にするクローゼット♪

こんにちは、細田工務店です☆

様々な施工事例などを、写真中心に紹介している細田工務店の公式Instagram
リビングやキッチンなどはもちろん注目度が高いのですが、
意外と?みなさんからチェックされているのが収納関係。
そこで今回は、Instagramでも人気のクローゼット」の写真をご紹介します。

住まいの収納は、大きく「集中型」と「分散型」に分けられます。
最近ご要望が多いのは、どちらかといえば集中型でしょうか。
大型のウォークインクローゼットを設けて家族で共有する「ファミリークローゼット」など、
大容量の収納空間は使い勝手も◎。
可動式の棚を設ければ、様々な変化にも対応できます。

 

扉を付けないオープンなクローゼットも人気のスタイル。扉をつけると開閉のためのスペースも必要になりますから、空間を有効に使えるメリットもあります。
こちらの2つの事例は、入り口のアーチ型が空間のアクセントにもなっています。

 

最後にご紹介するのは、シューズクローゼット
靴だけでなく、傘や外遊びの道具なども収納できるので
玄関周りがスッキリと整理できます。


収納が充実すると、生活空間がスッキリとして広々とした印象になり
暮らしやすさもグンとアップします。
ぜひ様々な事例をチェックして、自分たちの暮らしに合った収納を考えてみてください。


細田工務店のインスタグラムでは、
この他にもさまざまな事例写真をご紹介しています。
まだの方は是非フォローお願いします♪
https://www.instagram.com/hosoda_koumuten/

 

 

Instagramでも人気の「畳が魅力の和室」♪

こんにちは、細田工務店です☆

様々な施工事例などを、写真中心に紹介している細田工務店の公式Instagram
今回は、そのInstagramでも人気の和室の事例をご覧いただきます。

住まいがどんどん進化し、スタイルが変化してきても、
いまでも多くのお客様が間取りに取り入れることを望まれる「和室」。
和室といえば「」ですが、実はとても魅力的な性能を持っているのです。

旅館等で畳を目にした途端、思わずゴロンと横になってしまった経験はないでしょうか。
柔らか過ぎず固過ぎない、適度なクッション感は畳の魅力の一つですが、
この弾力性は、転倒時の重大事故を防ぐためにも一役買っています。
小さなお子さんやお年寄りのいる家庭にもオススメです。

また、畳は音と衝撃を吸収するため、防音材やクッションの役割も果たしてくれます。
子どもが走り回ってもフローリングより静かなのはこのおかげ。
硬くて軽いものを落とした時の軽量衝撃音、
人が歩いたりドンドンと飛び跳ねたりした時の重量衝撃音に対しても、畳の吸収性は効果的です。

 

最近はカラーバリエーションも豊富になり、
室内デザインの観点でも畳の部屋が多くの方から好まれています。
機能的にも、デザイン的にも魅力いっぱいの和室
住まいづくりの際には、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


細田工務店のインスタグラムでは、
この他にもさまざまな事例写真をご紹介しています。
まだの方は是非フォローお願いします♪
https://www.instagram.com/hosoda_koumuten/