注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

地震に負けない住まいを。

  1. TOP
  2. 技術と品質
  3. 地震に負けない住まいを。

地震に負けない住まいを。

毎日の安心を根幹から支える、建築基準法想定の1.5倍の地震力にも耐えうる「ハイブリッドキューブ工法」。

耐震性能は、消防署や病院と同レベルの最高等級“3”。

日本においては、住まいの高耐震化は必要不可欠なことです。わたしたちは、木が本来持つ強さと柔軟さを活かし、そこへ最新の技術力を加えることで、住宅性能表示制度で最高等級3を取得できる耐震性能を実現しています。これは、建築基準法が想定する1.5倍の地震力にも耐えうる強度。災害時の活動拠点として倒壊が許されない特定の消防署や病院と同じレベルの耐震性能なのです。

高耐震のヒミツは、床・壁、すべてを強い“面”で囲う6面体構造。

従来の軸組工法をベースに、空間を構成する全6面を構造用面材で囲うことで、強い横揺れにも耐えうる強度を実現しているのです。
床・天井・壁を囲う材は、もちろんすべて高強度。壁は筋かいに加え、外壁には約9mm厚の構造用パネル、内壁には約12.5mm厚のせっこうボードを採用。床は鋼製火打ちに加え、約24mmの構造用合板を用いる根太レス工法または約12mm厚の構造用合板を用いる根太落とし込み工法を基本とし、床梁・小屋梁は、一般的な工法の2倍の本数とすることで、安定性をさらに高めています。

柱や梁は、無垢材より強い構造用集成材。

ハイブリッドキューブ工法の骨格となる柱や梁。耐震性能にも大きく関わるこれらの素材には、無垢材よりも強度が高い構造用集成材を採用。細田が求める品質管理ができる国内工場で加工した、JAS製品のみを使っています。見た目や値段にとらわれることなく、自分たちが求める強さにこだわる。万が一の地震を想定するならば、強度こそが柱・梁に必要な性能だと、わたしたちは考えます。

施工精度をさらに高める、厳しい独自基準。

たとえば、釘打ちの間隔。万が一些細な施工誤差が生じても建築基準法を満たすために、定められた間隔よりもさらに細かい120mmが細田工務店の独自基準です。しかも、使用する釘も使用する部位ごとに太さや長さを定めています。また、柱や梁の接合部は当社の施工基準書で指定された金物でしっかりと補強。定められた基準を確実に、より高い精度で満たすことで真の高耐震を追求しています。

耐えるだけではなく、地震エネルギーを“吸収する”制振壁。

建物の地震対策は、頑なに耐える硬さだけではありません。しなやかさによって、揺れを抑える制振力も必要だとわたしたちは考えます。ハイブリッドキューブ工法では、国土交通大臣認定で壁倍率5倍を取得した制振壁「延樹・ブランチ」を採用し、度重なる地震においても建物の変形を低減し、同時に地震に対する住まいの長寿命化も図りました。

ハイブリッドキューブ工法を支える、強い“基礎”。

どんなに頑丈な建物をつくっても、足元が弱くてはその実力を発揮できません。そこで、床全体に耐圧盤(スラブ)を施し建物を面で支える「べた基礎工法」を採用しています。それも、基礎立上り幅約150mm、コンクリートスラブ厚約180mm、鉄筋間隔約200mm~300mm、というハイスペック仕様を標準としています。さらに、基礎の素材となるコンクリートにも厳しい独自基準を設定し、これを正確に順守できる専門業者のみを通じて、最寄りのJIS認定プラントから現場へと搬入しています。搬入時には、第三者機関による受け入れ検査を実施し、採取した試験体の圧縮強度試験も実施しています。高い耐震性と耐久性を兼ね備えたハイブリッドキューブ工法を、まさに足元から強く支えるために、妥協は一切いたしません。

いつまでも安心して暮らしていただくために、地盤調査から緻密に、丁寧に。

ずっと住み継いでいただくためには、建て方や素材はもちろん、住まいが建つその土地の強さも重要です。だから細田工務店では、すべての宅地において地盤調査を実施しています。
調査方法は、住宅用調査として実績のある「スウェーデン式サウンディング試験」を採用し徹底的に調査。測定データから算出した「地盤許容応力度」をもとに地盤改良の必要性を判断し、その結果をもとにソイルセメントコラムや小口径鉄管杭など、最適な地盤改良を行っています。また、地盤調査に加えて周辺地盤の履歴や、周辺道路の確認などの調査も実施しています。

技術と品質トップに戻る

  • ※ 本ページ内の記載事項は、2016年8月現在のものです。仕様変更や商品切替などの理由により、予告なく内容変更になる場合があります。
  • ※ 本ページに記載しました「ハイブリッドキューブ工法」は、注文住宅<木ここち 杢>と当社の分譲住宅「グローイング」シリーズで採用しています。2013年12月以前に着工・建築された「グローイング」シリーズならびに2013年12月以降に着工・建築された一部の「グローイング」シリーズ、<木ここち 杢>以外の注文住宅では「6面体構造」の高耐震工法となります。あらかじめご了承ください。
  • ※ 本ページに掲載しておりますイラストや写真はパソコンの環境により、実際のものと形状・色が異なるように見える場合がございます。
  • ※ 本ページ内で記載している仕様については、当社が施工するすべての住宅に当てはまるものではありません。お客さまのご希望や建築される地域などにより変わることがあります。あらかじめご了承ください。