新型コロナウィルス蔓延防止について、弊社の対応はこちらからご覧いただけます。
close

ハイブリッドキューブ工法のご紹介

  1. TOP
  2. ハイブリッドキューブ工法のご紹介
独自の高耐震6面体構造に制振性能を融合。
繰返しの地震にも強い性能を発揮する新工法。
高耐震+制振=2つの性能を併せ持つ[ハイブリッドキューブ]工法

「ハイブリッドキューブ」工法 4つの特長

「ハイブリッドキューブ」工法4つの特長

「ハイブリッドキューブ」は、細田工務店独自の高耐震6面体構造に国土交通大臣認定を受けた、耐力壁として壁倍率5倍の耐震性能を持つ制振壁を採用した工法です。
この新工法は、これまでと同様の住宅性能表示制度(設計評価)の耐震等級「3」の性能に加えて、繰返し発生する大地震に対して建物の変形を低減することできるため、損傷を軽減し建物の長寿化に繋げられます。

高耐震6面体工法 住宅性能表示制度 耐震等級で最高等級の「3」

剛床と耐力壁で囲まれた高耐震6面体構造

地震エネルギーを吸収する制振壁 国土交通大臣認定 壁倍率5.0を取得

揺れのエネルギーを吸収揺れに耐える強さ「壁倍率5.0」


繰返し発生する地震でも建物の損傷は軽微
細田工務店・本社<木ここち 杢>ショールームに、制振壁の実物大模型を展示しています。

ショールームのご案内はこちら

耐震工法と制振工法とは

基本は、耐震工法
地震に強い家とは、耐力壁の量が十分あり、かつ耐力壁がバランス良く配置された家であると言えます。免震工法や制震工法も、「耐震工法抜き」にしては語ることはできません。
耐震工法は、構造用合板の釘や金物の変形、接合部のめり込みなどにより、地震エネルギーを吸収する性質を持ちます。免震工法や制振工法は、一定の耐震性能に「付加性能」を加えた住宅という位置付けになります。

制振工法について
制振工法は、壁や接合部に、地震動を吸収する機構を取り入れることで、地震時における建物の揺れ幅を抑えて、躯体の損傷を軽減させることが可能です。また、制振素材を組み込んだ機構が地震力を熱エネルギーに変換するので、繰り返しの地震力(余震など)にも、へたらず対応することが可能となります。
最近では、住宅にも導入されている制振装置ですが、もとはというと、高層建築や超高層建築に適用される為の技術でした。
  • フォトギャラリー
  • 広告情報
  • 注文住宅の資料請求はこちらから
  • リフォームの資料請求はこちらから

このページの先頭へ