新型コロナウィルス蔓延防止について、弊社の対応はこちらからご覧いただけます。
close

断熱気密性能

  1. TOP
  2. 注文住宅
  3. エコサーマル
  4. 断熱気密性能

エコサーマル™
断熱気密性能

  • 断熱性能
    H25年省エネ基準※1(断熱等級4)において、関東より厳しい北東北地域(3地域)で求められるレベルの断熱性能(UA値0.56 以下)※2を確保します。

    ※1)25年省エネ基準とは、平成25年10月1日から施行された「エネルギーの使用の合理化に関する建築主等及び特定建築物の所有者の判断の基準」。従来の断熱性能だけではなく冷暖房などのエネルギー消費の効率性なども評価の対象になりました。
    ※2)UA値とは「外皮平均熱還流率」数値が小さければ小さいほど熱が逃げにくく、断熱性能が高いことを表します。

  • 気密性能
    隙間相当面積※3 2㎠/㎡以下を確保します。
    (はがき2枚分の隙間/40坪の住宅)
    エコサーマル住宅は全棟気密測定を行います。

    ※3)隙間相当面積とは、窓などを閉め切った状態で、外気が入ってくる微細な隙間の大きさを表します。

    〈一般的な住宅〉はがき10枚分の隙間

    〈エコサーマル〉
    はがき2枚分の隙間

  • 断熱材:硬質ウレタンフォーム断熱材

    現場で吹付ける硬質ウレタンフォーム断熱材を採用。
    隙間なく充填でき、接着性も高いため、安定した断熱効果を得ることができます。
    フォーム内のほとんどが空気でできた断熱材を用いたエコサーマル仕様では、高い断熱性以外にも、省エネ・防音性能など、さまざまなメリットを生み出します。

    • ● 断熱性能が高く、経年変化も小さい
    • ● 柱に直接接着されるので気密性が高い
    • ● 吸音遮音性能が高く騒音をカット

高い断熱性能をサーモグラフィで検証

検証1

エアコンを使用せず
室内表面温度を測定

検証時間帯の平均外気温:30.1℃
●検証日時:2010年8月20日 13:30〜15:20

◎夏の小屋裏

屋根からの熱から室内を守り今まで暑かった
2階も快適に過ごすことができるように
なります。

小屋裏のサーモグラフィ比較
検証2

エアコン25℃設定で15時間作動させ停止後の表面温度を測定(暖房停止後 約30分)

検証時間帯の平均街気温:2.8℃
●検証日時:2011年1月21日 16:30〜19:30

◎冬のキッチン

しっかりと断熱すると、暖房も効率よく効きます。暖房をしていない廊下や、トイレなども暖かくなります。早朝のキッチンも寒くありません。

早朝のキッチン イメージ
冬のキッチンのサーモグラフィ比較:アクアフォーム®︎(右)と一般の断熱工法(左)では5℃以上の差がある。
◎冬の浴室

肌を露出する脱衣所で血圧が上がり、浴槽に入ると一気に血圧が下がるため体への負担がかかり突然死の要因に。アクアフォーム®︎による断熱は、こうしたヒートショックへの対策にもなります。

冬の浴室 イメージ
冬の浴室のサーモグラフィ比較:アクアフォーム®︎(右)と一般の断熱工法(左)では5.5℃以上の差がある。
※出典:アクアフォーム総合カタログ(2021年度版)
※アクアフォームとは、当社で採用している硬質ウレタンフォームになります。
  • サッシ:高性能ハイブリッド窓「SAMOS X」

    アルミと樹脂のハイブリッド構造をベースに断熱性・防露性・遮光性・耐久性・意匠性を飛躍的に向上させた次世代の高性能窓を採用。
    窓からの熱の出入りを防いで、快暖冷房熱を室内に閉じ込めたり、窓の断熱性能を高めることは、冬の寒さ・夏の暑さを抑えて、エアコンの消費電力低減にもつながります。

    LIXIL SAMOS Xロゴ

    Low-E 複層ガラスが熱の出入りを軽減します。
    ガラス構成:3㎜+空気層16+3㎜
    2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。※冬場の暖房効果を高める断熱タイプ

    アルゴンガス層
    ガラスとガラスの間にアルゴンガスを充填。空気に比べ熱伝導を約30%抑えます。

    樹脂が結露の発生を軽減します。
    樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

不快な結露を抑えて、カビ・ダニの発生を予防

室内気温と窓や壁との温度差や、室内の水蒸気により発生する結露。湿った窓際にカビが生えて、アレルギーを引き起こす恐れもあります。
サーモスXは、優れた断熱効果で外気温の影響を受けにくくし、結露の発生を抑制します。室内気温:20℃・湿度:50%・室外気温:0℃による社内試験で結露は見られませんでした。

※窓の断熱性能を上げることは、結露発生の抑止力を高めます。しかし、窓の断熱性能を上げるだけでは必ず結露の発生を抑えるというものではありません。適度な換気や室温設定と組み合わせることで抑止効果を発揮します。
結露が発生した場合
※画像はイメージです
サーモスXの場合
※画像はイメージです