注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

  1. 細田工務店TOP
  2. 分譲住宅
  3. 物件を探す
  4. グローイングスクエア武蔵野境南町
メインビジュアル

現代に求められる暮らしの本質とは何か。
都市の利便性を享受できること。
四季を感じる潤いがあること。
知的好奇心を満足させる文化的成熟があること。
家族が安心して暮らせること。
子どもが夢を描き、その夢を育める環境があること。
やがて年齢を重ねても住み続けたいと思える場所であること。

私たちは良い住宅を建てるだけでいい。
ここ武蔵野市境南町には、そのすべてが整っていました。

住宅ジャーナリスト 目黒孝一氏

不動産経済研究所で「日刊不動産経済通信」記者として活躍。 その後、調査部門で市場分析など不動産に関わる各種調査を担当し、 同社常務取締役を経て退任後、 フリージャーナリストとして現在に至る。 日本不動産ジャーナリスト会議会員。

時を重ねて文化を紡いできた、武蔵野市。

かつて国木田独歩は、暮らしと自然が寄り添う土地として豊かな武蔵野を描きましたが、武蔵野市は、そんな武蔵野の原風景を今も受け継ぐ貴重な街です。人口約14万人と自治体の規模としてはコンパクトでありながら、自然、商業、行政、そして住宅、それぞれがバランスよく機能した理想的な街。玉川上水を起源とする豊かな自然が広がる一方で、吉祥寺という都内有数の商業区を擁することは大きなアドバンテージになっています。また国木田独歩をはじめ数々の文化人が愛し、暮らしてきたという数値では表すことのできない文化が、街に今も尚深く根付いています。こうした街のアイデンティティは一朝一夕で築き上げることはできるものではありません。永い年月をかけて、この街の価値に共感し、この街を愛する人々に住み継がれ、育まれてこそ可能になるものです。

希少性を増す、理想の戸建て環境。

マンション価格が高騰を続ける現在、見直されているのが戸建てです。特にファミリー層の中には、都心のマンションでは手狭になり、戸建てに住み替えるケースが増えています。ただ、一方で、都心へのアクセス、駅徒歩圏内などの条件を満たし、なおかつ穏やかな住環境を備えた戸建て街となると、多くはありません。武蔵野市は中央線の駅徒歩圏内に閑静な戸建てを中心とした住宅街を擁している貴重なエリアと言えます。市内全域において工業地域、工業専用地域を有していないことも特徴的です。さらに住居系の用途地域における戸建て住居はすべて、建ぺい率40%の地域では最低敷地面積が120㎡以上と定めています。近年では相続などの理由から土地が細分化され、ゆとりある街並や景観が崩されてしまう例が少なくありませんが、こうした流れに歯止めをかけようというのも武蔵野市らしい街づくりと言えるでしょう。

注目すべき、武蔵境のポテンシャル。

中央線は各駅ごとに豊かな個性や文化が息づいているのが特徴的です。住みたい街として多くの人が名前を挙げる駅が連なるこの路線の人気の高さはご存知の通りです。大学などの施設も多いことから、常に人の流入が途絶えず、世代が循環しやすい環境であると言えます。そして開業120年を超えた今、この沿線の街はいずれも再生の時期を迎えています。武蔵野市内においても、市内の中央線3駅、吉祥寺、三鷹、武蔵境駅それぞれが再開発によって新たな魅力を纏いました。特に武蔵境においては、2011年に図書館を中心とした地域のコミュニティ拠点「武蔵野プレイス」が誕生、さらに2013年には駅高架下の商業施設「nonowa武蔵境」が開業し、駅前はさらに賑わいを増しました。そして2018年、駅南口に武蔵境市政センターも入居する新施設「QuOLa(クオラ)」がオープンすれば、街の利便性はさらに高まることでしょう。

武蔵境の隠れた魅力。

武蔵野市を見る場合、豊富な商業施設が集積し、井の頭公園を有する吉祥寺や、アクセスに優れ、市政の中心である三鷹に関心が集まりますが、住環境という側面から見れば、武蔵境に注目したいですね。暮らす人のための多彩な商業集積。公園や農園が点在する自然環境。また亜細亜大学や国際基督教大学にも近く、教育施設が多く揃う文教エリアという側面。いずれを取っても充実した暮らしの舞台が整っています。そこに再開発が良い起点となって、今や武蔵野市の魅力の発信地と言えるのではないでしょうか。

武蔵野市境南町、そして新たな住まいについて。

本物件の誕生する武蔵野市境南町は、駅周辺開発の舞台とも言える南口一帯の商業地域を有しながらも、一歩離れれば、その多くが戸建てに最も適した第一種低層住居専用地域に指定されている住宅地です。また、300年以上の歴史を持つ杵築大社や市の認定果樹園など穏やかな環境が広がるのが特徴的で、境南中央公園などの子どもが思いきり遊べる公園だけでなく、街の至る所に小さな公園が点在し、何気なく歩くだけでも四季を感じられる、利便性と住環境の両面を備えたエリア。住むほどに武蔵野市の魅力に触れられる場所と言えるでしょう。 そして、本計画を進める細田工務店についても、創業70年の歴史を持ち、杉並区を中心に圧倒的な施工実績を持っています。また、自社物件だけでなく大手デベロッパーの計画によるプロジェクトにも多く関わっており、その経験と技術力は業界内からも高く評価されています。その住まいづくりに期待したいですね。

第一種低層住居専用地域とは、都市計画法第9条による用途地域の一つで、低層住宅の良好な住環境を守るための地域と定められており、
12種類ある用途地域の中で、用途はもちろんのこと、建ぺい率、容積率、高さ制限などにおいても最も厳しい規制がかけられた地域を指します。

資料請求受付中

資料請求いただいたお客様には優先的にご案内いたします。

TEL

※1:徒歩分数は、交通系ICカード専用の武蔵境西側改札「nonowa口」を利用した時のものです。
切符・磁気定期券等でご利用の方は、東側改札口の改札口をご利用ください。なお、「nonowa口」の営業時間は7:00~22:00となります。

information

三鷹エスプレッソ

物件バナー

国立

調布西つつじヶ丘

調布グラン・テラス

仙川

TEL