注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

注文住宅

資料請求<注文住宅>

  1. TOP
  2. 注文住宅
  3. 事例ギャラリー
  4. 注文住宅事例:東京都中野区 Y様邸

注文住宅事例:東京都中野区 Y様邸

延床面積:145.87m²(44.12坪)
敷地面積:139.16m²(42.09坪)
家族構成:ご主人・奥さま
プラン名:注文住宅(ラフィス)

設計者と二人三脚でつくりあげたアイデアフルな邸宅

訪れた方の記憶に残る光と影のエントランス
吹き抜けから柔らかな自然光が差し込む玄関ホールは、スポットライトを上手に取り入れてギャラリーのような空間に。季節のお花とともにお客様をおもてなしします。

「こちらを立てて、あちらも立つ」のプランニング

奥さまのご実家近くに住み替えを検討されていたY様。その近くで売地があると聞き、注文住宅を建てる決意をされました。その時からお二人で理想の住まいづくりに向けた勉強が始まりました。
熱心に資料を集めていたご主人の姿を思い出しながら、奥さまは「いろいろなカタログやサンプルを取り寄せていたら、小さな段ボールで10箱分にもなってしまいました」と振り返ります。

当社へご依頼いただいた経緯は「設計事務所だと建築家好みの家を建てられてしまう。大手ハウスメーカーはある程度のパターンは決められている。そこで工務店も視野に入れ始めました」とのこと。

図画工作が得意なご主人は、方眼紙に描いた図面と条件を示され、全国展開している大手ハウスメーカーに加えて、地元に地盤をおく当社を含めた4社に設計提案をご依頼されました。その中で思い入れのある手持ちの家具を無視したプランもあり“入らないのは捨ててください”と言われ“えっ?”という気持ちを持たれたとか。
その時に当社の設計担当が、Y様の想いを実現するための提案をしてくれたとのことでした。
「それが細田さんにお願いする決め手でしたし、何よりプランのバランスが非常によかった」とおっしゃってくださいました。

吹き抜けを確保しながらも、真上に位置する浴室のサイズは変更しない。パントリーに入れる食器棚のために、階段の位置を微調整。家の大きさとアプローチのバランス。「こちらを立てるとあちらが立たない」ということがないくらい、緻密な計算に基づいた空間設計力が高く評価されたようでした。

たくさんのアイデアが盛り込まれたおもてなし空間

お宅に訪問してまず目を奪われたのが玄関。開放的な空間に思わず見上げるとアール天井の吹き抜けがありました。「四角だと煙突みたいな気がしてアールにしてみたんです」と遊び心のあるご主人の提案に奥さまも同意。これは誰もが考えつかなかった独創的なアイデアです。

玄関脇には可動棚がついたシューズインクロークを、カウンター収納にはピクチャーレールを設けてギャラリーのような空間に仕上げました。
お二人はホールに飾られているもう一枚の絵画を指さされて「実は“この絵に合う空間に仕上げてください”とお願いしました。そうそう、この鏡は設計の方からうかがった店で購入したんですよ」と設計者とコミュニケーションをとりながら家づくりを楽しまれていたご様子。

さらに奥さまはピアノのご指導をされていて、上質感のあるエントランスホール近くに防音仕様を施したピアノ室をもうけられ、そこを中心としてトイレや洗面台などもお客さまを迎えることを意識された設えにされたそうです。

多忙ながらも納得いくまでショールーム通い

2階は浴室と主寝室と6.8畳の大きな納戸があります。納戸には、旧宅にあった和箪笥や衣装ケースをここに収納するため、システム収納を設えています。
収める物と場所を事前に決められて打合せをされたことで、動線にも配慮された無駄のない納戸が完成しました。

主寝室の雅やかなアクセントクロスは、奥さまが一目惚れされたものを取り寄せました。カーテン・クロス・収納・サッシなど、すべてに深いご見識をお持ちのご主人。お詳しいですが、どちらかで勉強されたのですか?
「昔は窓の種類なんかこんなになかったので、何もわかりませんでした。とにかく資料を集めてショールームで話を聞きながら必死で勉強しましたね」と設備の品番やメモが書き込まれた打ち合わせ資料を見せてくださいました。

注文住宅のメリットは好きなようにできること、だけどその反面それだけ決めなければいけない事項が多いこと。奥さまも懐かしそうな笑顔で「ショールームには数えきれないくらい足を運びましたね」とおっしゃいます。
お二人の苦労と努力とこだわりがギュっと詰まった住まいと愛着のある家具たちが、これからの生活にゆとりと華やぎを与えてくれることでしょう。

落ち着いた色調でまとめられたピアノ室
防音仕様のピアノ室は、奥さまの選ばれた布クロスのシルキーな光沢がグランドピアノの風格を一層高めています。生徒さんとの連弾用にと、ご実家に預けられていたアップライトピアノもセットされ、愉しみが広がります。
パントリーの食器棚の納まりが決め手でした
設計上で難しかったのが真上に位置する階段と背の高い食器棚とのとり合い。想い出の詰まった家具をミリ単位で希望の位置に収められるのが注文住宅の大きなメリットです。
上質なファニチャーを引き立てる空間
天井に埋め込むビルトインエアコンやダウンライトですっきりした上質な空間に。間接照明の柔らかな明かりが木製家具と違和感なく調和した空間は気持ちが落ち着きます。
ご主人と設計者のアイデア合戦
洗面所のスリット窓はY様のご提案で取り付けたのだとか。一方で設計担当は2階の居室の広さは十分に確保できたため廊下にもゆとりを持たせることをご提案。柔らかい自然光が2階をつつみます。
お客さまの声
東京都中野区にお住まいのY様
最後の設計打合せが終わったときは「来週は打ち合わせしなくていいんだっけ?」というほど膝を突き合わせて話しました。設計の香川さん、営業の渡辺さん、ほかのみなさん。どうもありがとうございました。
わたしがお手伝いしました
荒井 基子
営業担当 渡辺 勝
Y様と設計担当者とのアイデア合戦がすごく、設計打合せはとても充実していました。ご主人の研究熱心さは、とてもいい刺激になりました。