注文住宅、分譲住宅、リフォーム、不動産仲介。住まいのことなら細田工務店へ。

創業70周年

  1. TOP
  2. 創業70周年

弊社は2017年(平成29年)1月15日をもって創業70年を迎えることとなりました。
1947年(昭和22年)1月15日に創業者細田茂が“よい材料、よい施工、よいアフター”という「3つのよい」を念頭に事業開始して以来70年、無事に今日を迎えることができましたのも、弊社の住宅をご愛顧いただいたお客様をはじめとしまして、株主、金融機関、協力会社など各方面の方から長きにわたって、ご指導やご支援をいただいた賜物と深く感謝申し上げます。
創業から70年を迎える今日までの間、戦後の復興期から高度経済成長期、2度のオイルショックやバブル景気と崩壊、リーマンショックなど、順風満帆とは言えない状況も何度かありました。
また阪神・淡路大震災と東日本大震災という大災害を体験し、暮らしと命を守る住まいの重要性を改めて強く感じました。
時代や社会が変わりゆくなか、私たち細田工務店は、創業以来、顧客第一主義をモットーに、お客様の暮らしに寄り添い、「お客様に満足のいただける良い住宅を供給する」という理念を追い続けた70年間でした。
そして、創業70年を迎えた今、住宅業界を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。人口の減少や住宅のIoT化、また、自然災害の多発など、当社の社業に大きく影響する変化が日々現れております。
このような状況だからこそ、創業の理念に立ち返り、お客様をはじめ、関連の皆様のご期待やご要請にお応えできる住宅や住宅に関連するサービスを提供するべく、これまで以上に研鑽を重ねてゆく所存でございます。
最後になりますが、お客様をはじめ関連の皆様には、これまでと変わらぬご愛顧とご支援を今後とも賜りますようお願い申し上げ、創業70年を迎えることができました御礼とさせいただきます。

代表取締役社長
阿部憲一


70年間続いてきた細田工務店を、
長年支えてくださったお客さまの声。

建て替え時に銀行に紹介いただいたご縁から、
今もなお21年間のお付き合い。

~杉並区 M様~

M様とのお付き合いは、今からおよそ21年前にさかのぼります。車いす生活を余儀なくされた奥さまのための建て替えでした。資金の相談をしにいった銀行から勧められたのが、細田工務店だったそうです。完成したのは、車いすでもストレスなく暮らせる広い玄関や廊下、段差のない出入り口などを備えた、細田工務店“初”の完全バリアフリー住宅でした。丁寧できめ細かな対応を気に入っていただき、外装リフォームなど含めて、もう21年間のお付き合い。M様は、いまもなお、家族への愛とご自身のこだわりがつまったこのご自宅で、親孝行なご子息と一緒に暮らしていらっしゃるそうです。

はじめての住まいづくりから
リフォーム、メンテナンスまで、
50年にも渡りご愛顧いただいています。

~東京都文京区 K様〜

昭和42年の竣工からのお付き合いとなるK様。細田工務店を選んでくださったのはお母様と3人の姉妹だったそうです。住み始めた後も、毎年、細田工務店の大工さんに点検してもらっているK様。時には「まだリフォームしなくても大丈夫ですよ」とアドバイスを受けつつ、細かい修繕からキッチンリフォームなどの大きな改修まで、50年にも渡り隅々までアフターケアをご依頼いただいてきました。ずっと快適に住み継ぐコツは、気がついたらその時に掃除をすることと、すぐに細田工務店へ相談すること、とK様。今では、担当営業もご家族のようなお付き合いをさせていただいています。

住宅展示場でお会いしてから約20年、
担当営業も3代目となりました。

~世田谷区 M様〜

転居を含めた住まいづくりだったM様。土地探しも含めて、不動産屋さんに建築会社の相談もしていたそうです。一緒にいろいろな住宅展示場を回った中で一目惚れしたのが、細田工務店のモデルハウス。そして完成したのが、材にもつくりにも徹底してこだわった在来工法の和風住宅でした。その後も、建てた会社が一番詳しいのは当然、として毎年のハウスクリーニングはもちろん、築10年目の外装補修、14年目の太陽光発電、その後のキッチンや門扉のリフォームまで、すべてを細田工務店に任せてくださいました。M様はこれからも、親から子へと引き継がれる「お抱え大工さん」としてお付き合いくださるそうです。